マイナビウエディングの口コミ・評判とおすすめのポイント | 結婚式場の選び方 | プレ花嫁準備サイト

「マイナビウエディング」は、結婚式に関わる様々なコンテンツの「総合代理店」として誕生した比較的新しいサービスであり、現在、急速に規模を拡大しているブライダル業界の注目株でもあります。「求人・就職」に関わる事業を主に提供している「株式会社マイナビ」が提供しているサービスであることも、「株式会社リクルート」が提供している「ゼクシィ」と共通しています。「人生のターニングポイント」となるイベントに関するノウハウ・マーケティングといったものを、存分に活かせることが強みであると言えます。「結婚式場仲介サービス」としても、より多くの会場を、よりお得に紹介するため、急速に規模を拡大しており、それに伴って利用者の増えている「新たな定番」と言えるサービスです。

結婚式場探しならマイナビウエディング

時代に合った新しい”正統派”鉄板サービス

長い間、「ゼクシィ1強」の時代が目立った「ブライダル専門代理店」ですが、最近になり、結婚式に関する新たなコンセプトや、今までの常識を打ち破った結婚式を提供する会社が増えてきました。長い期間、非常に不景気だったブライダル業界も、一時期の「底」は脱し、結婚式を挙げるカップルは増加傾向にあります。それに伴い、さらに式を挙げやすくするための「格安婚」が登場したりと、今までになかった形態で結婚式をするカップルが増えてきました。「マイナビウエディング」の最大の特徴は、新しいコンセプトの結婚式を比較的リーズナブルに提供していることです。もとはと言えば、「ゼクシィ」に関しても、”結婚式を挙げやすく”をコンセプトに登場したものですが、様々なコンセプトの会社が誕生した中で「ゼクシィ」の1強ではなくなってきています。そんな中でも、「マイナビウエディング」は、「古き良き」と「新しい」が融合した、バランスのいい注目のサービスです。

リーズナブルで質が高い結婚式を作りやすい

そもそも、「ブライダル専門代理店」とは・・・結婚式を「直接」提供するのではなく、あくまでサービスを「紹介」をする会社であり、結婚式に関わる様々な情報と、それを実現するまでの「道筋」を提供しています。そして、その際に最も重要な要素が「式場(会場)」であり、どのような結婚式になるのかは、この式場によって大きく左右されることになります。

幅広い選択肢から「会場選び」ができる

大規模なブライダル総合代理店の強みとして、やはり提携している会場数が多いことが挙げられます。「選択肢」が多いということは自分達に合っている会場が見つけやすいことであり、「妥協」する要素が少なくて済むということでもあります。「格安ウエディング」は低価格で抑えられる反面、会場の選択肢が少ないことが最大のネックです。そのため、最終的に大きな代理店を利用して会場を探し、自分達とその会場のプランナーとで準備していくカップルも多いようです。また、「マイナビウエディング」は昨今の流れである「効率的な準備」に関しても様々な工夫を提供しています。この「準備に時間をかけたくない」といった悩み・要望というのは、昨今、非常に大きくなっており、今となっては欠かせないポイントの1つになっています。







”自分達にとって”お得なプランを見つけやすい

ひと昔前に比べれば、全体的に低価格になっている結婚式ですが、「マイナビウエディング」は「格安ウエディング」を提供している会社ではありません。だからと言って、「やっぱり何かと高い」というわけでもありません。選択肢が多いということは、「自分達」の目指している結婚式を低価格で提供している会場・プランを見つけやすいということでもあります。

・少人数で・大人数で
・授かり婚
・厳粛な正統派結婚式
・ゲストハウスを貸し切って

こういった様々なコンセプトをリーズナブルに提供している会場、さらに自分達が気に入る会場、これらがマッチする可能性が非常に高くなっています。また、「マイナビウエディング」は「キャンペーン」の数や「総割引額」が多くなることも特徴として挙げられます。「ゼクシィ」と並び、一度は相談すべき会社の1つになっています。

「マイナビウエディング」の利用者からの評判

「マイナビウエディング」は他の「新しいブライダル業者」比べ、”最初から”利用者が多くなっており、さらに急激な増加傾向にあります。事前の計画、ノウハウがかなり整備されていたようです。新たに立ち上げられた会社・事業の場合は、最初は悪い口コミが多い傾向があることが事実ですが、「マイナビウエディング」に関しては不手際といったものが比較的少なく、安定したサービスの結果、好評の声を聞くことが多いです。「アンケート」といったものも非常に重要視しており、顧客満足度の高さは関しては信頼度が高いという印象があります。いずれにしても、今後の結婚式場選びの際の新たなスタンダードとなる鉄板サービスの1つになっていくことは間違いありません。



直前の申し込み予約でもっとお得になる「直前オトクプラン」

現在の結婚式の傾向の1つとして、「準備期間が短くて済む」というものがあります。結婚式の準備期間に関しては、式場探しを含めて「1年前後」が平均であり、カップルによっては準備開始から1年以上かける方も珍しくはありませんでした。しかしながら、現在の結婚式においては準備内容・過程の効率化によって、基礎的な時間が短くて済むようになり、最近では、より短い準備期間を”売り”にする仲介・プロデュース会社が増えています。もちろん、利用者が増えているからこそ盛り上がっているサービスであり、同時に費用面に関しても「お得」になっていることから、今後ますます利用者が増えるサービスであると考えられます。気になる内容に関しても、「回転率」を挙げることで式場にとってもメリットがあるため、短い期間で準備するからといって決して極端に質が落ちるというものではありません。この準備期間が短い結婚式が普及し始めたことで、「スピード婚」という言葉も一般的になってきました。「できるだけ早く結婚式を挙げたい!」というカップルの特徴としては、従来であれば、いわゆる「できちゃった結婚」のカップルが多かったことが事実です。もちろん、現在も「おめでた婚」として早急に式を挙げるための準備期間が短くて済むプランを利用するカップルというのは多いものですが、一般的にも準備期間が短いことをメリットと感じるカップルが増えています。それは「共働き」といった事情などによって、「女性が準備する時間」が減ったことも影響し、(もちろん、基本的には2人協力して・一緒に準備を進めるべきではありますが)何より、「もっと短くて済むんじゃないの?できないの?」と 本当は思っていたカップルが多かったことも理由になります・・・「マイナビウエディング」が新たにスタートした「直前オトクプラン」は「超短期間」の準備でお得に挙げることができる注目のサービスになります。

準備のスケジュールも楽になる

プラン内で選べる式場として知名度の高い、また人気のある会場も含まれており、「お得に挙げるために準備期間を短くする」といったカップルがいてもおかしくないくらいの充実した内容で式を挙げられるプランになります。気になる「割引率」に関しては各会場で差があるものですが、もともとの価格も異なるものであることから、やはり「価格差」よりも「好み」を優先すべきと言えます。そして、準備期間の短いスピード婚のメリットは、やはり「楽」であることです。時間が短いことで焦ることも多くなるという印象がありますが、こと精神的な部分に関しては、それほど変わりないものでもあります。一般的な結婚式に関しても、最後の1、2ヶ月はあわただしくなるものであり、「どっちにしろ最後はあわてる」ということを考えれば、そういった精神的な負担も少なくて済む「短期決戦」にはメリットがあります。通常であれば、あと半年続くのか・・・と思ってしまう時期は珍しくなく、喧嘩・トラブルに発展する典型的な要素であり、そういったリスクが少ないのです。例として、授かり婚のカップルのケースでは生まれる前・生まれた後といった結婚式を挙げる2つのタイミングがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるものであり、出産前であれば主に体調面といった心配事、また出産後に育児が始まることで「式を挙げようと思っていたけど、なかなか実現しづらい・・」ことが現実です。そういった場合にも、出産の前後のいずれにしても準備期間が短いことで、それぞれのデメリットを少なくすることができます。カップルが相談に行く「ブライダルサロン」の数も順調に増えてきており、相談だけであれば無料で利用できるため、ぜひ足を運んでみてほしいと思います。



行かなくても雰囲気をつかめる「バーチャル見学」

基本的には、何らかのかたちで「候補」となる式場は見学するべきです。”基本的には”というよりも、もはや“絶対”と言えるものであり、「新郎新婦が一度も見たことのない会場で結婚式を挙げる」ということは、実際にはないと思われます。まれに、新郎と新婦のどちらかが「海外転勤中」で、なおかつ帰国後にすぐ結婚式を挙げる、というケースでは、「どちらかしか会場を見ていない」こともあるにはありますが、最終的に式を挙げることになる会場は、やはり「2人で見て決める」ということが大切です。しかしながら、あくまでまだ「見るだけ見たい」という段階や、「ちょっとだけ・軽く見てみたい」といったことであれば、「わざわざ行く方がめんどう・・・」という場合もあるかもしれません。そういった際には、ぜひ「会場に行かなくても」ちょっとだけ行った気になれる、昔なら考えられなかった現代ならではのサービスを利用してみてほしいと思います。とは言っても、そんなに大それたものでもありません。しかしながら、これが「思っているよりも」価値のあるものでもあります。「マイナビウエディング」がリリースした「バーチャル見学」は、今、流行りの「360度カメラ」によって1枚の写真としてではなく、前後左右、そして「上下」までもチェックすることができる機能になります。「シャンデリア」や「天井の高さ」といったものも気になるものであり、式場の設備を把握するには、ぴったりのコンセプトと言えます。

「候補」をしぼりやすい時代

バーチャル見学ができる会場・その中の範囲というのは、まだまだ限られており、「イマイチつかめない・・・」と感じることもあるかもしれません。しかし「マイナビウエディング」の公式ホームページは、”雰囲気が分かりやすいように”ということにも重点が置かれており、確認できる写真の数や「キラーカット」以外の一般的な写真も非常に充実しています。今回は、あくまで機能の紹介であり、また、チェックすることができるのは設備や雰囲気だけになりますが、こういった新しいサービスを続々と導入している「マイナビウエディング」は結婚式場仲介サービスとして、着実に実績・利用者を増やしています。ネット上でチェックできる要素が多いことによるメリットは言うまでもなく、「わざわざ行く必要がない」ということです。できるだけ多くの会場を、見学すべきことに変わりませんが、多すぎる場合には現実的に全て自分達の目で見ることは難しいことも多いはずです。そういった際にも、「本当に見るべき会場」を選ぶハードルが低くなっています。参考になる資料・情報が多いことは、結果的に選択肢が増えているのと同じことなのです。

やっぱり必ず足を運ぶべき

バーチャル見学をはじめ、昨今ではネット上で確認できることもたくさんありますが、同時に、実際に現場へ足を運ばなければ分からないこともたくさんあります。何より、「テンション」が違うはずです。自分達の目で会場をチェックする際には、「ブライダルフェア」への参加がベストと言えますが、全ての会場の開催に予定を合わせるのは、なかなか難しいことでもあり、実際には普通の「会場見学」を利用しているカップルが多いと言えます。予約は非常に簡単なので、できるだけ多くの会場に、ぜひ行ってみて欲しいと思います。










この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


結婚式場の選び方 - プレ花嫁準備サイト

  • twitter
  • facebook