結婚式前の食生活「減量を短期間でするために」 | 結婚式場の選び方 | プレ花嫁準備サイト

ダイエットには必ず「食事」という要素がつきまとい、短期間で痩せるためには通常の長い目で見たダイエットよりも食事に関して、さらに徹底しなければならないことが多いのが現実です。期限が決まっているダイエットのため、ある程度ストイックになってしまうことは覚悟の上だと割り切っている人もいますが、できればそれほど苦しまず、「太らないための食事法」を身につけるきかっけと考えましょう。ただし、無理だけは禁物です。

「ダイエットの法則」はとても単純

体重を減らす・痩せる方法は、非常に単純で簡単です。摂取したカロリーが「基礎代謝量」と消費エネルギーを下回れば、余分な中性脂肪がエネルギーとして使われるため、体重は減っていきます。ただし、危険を伴う場合もあるため、しっかりとした知識も身につけておきましょう。基礎代謝量とは「何もしなくても」1日で消費されるカロリーであり、基準値は筋肉・脂肪・体重によって変わります。筋肉が多いほど高くなりますが(そのため筋トレは必須!)、おおよそ「1300~1800カロリー」となります。かなり幅がありますが、「1500前後」と考えましょう。これに加えて、歩いたり・運動したりすることによって代謝量(必要なエネルギー)は増えていくため、女性にとって1日に必要なカロリーというのは、おおよそ「1800~2500カロリー」となります。これもまた幅があるため、「2200カロリー前後」と考えましょう。つまり、最低限のカロリーを摂取し、何らかの運動によって、700カロリー以上を消費すれば、自然と痩せていき、かつ「病気にならない」ということになります。30分のウォーキングで「100カロリー」、1時間の水泳で「1000カロリー」を消費すると言われています。また、30分の半身浴で「50カロリー」になります。

「カロリー制限」によるダイエットおすすめの方法

「スムージー」を利用した「置き換えダイエット」

本気でやるなら「断食」からスタート!

「短期間」で痩せるために必要な要素

健康を維持するために必要なカロリーを「2200カロリー」としましたが、ある程度「ふくよかな」場合は足りないエネルギーを脂肪によって消費するため、一時的であれば最低カロリーを下回っても、それほど身体に負担はかかりません。(もちろん、注意しなければならないことに変わりありません)この理論は、ダイエットの基本的な仕組みです。そこで、「結婚式までに」と考えるのであれば、最初の1ヶ月ほどは「2000カロリー未満」に抑えていきましょう。男性であれば、1ヶ月ほどの間、1日1食でも健康的には害が出ないことも多いのですが、女性は控えるべきです。そのため、1日3回の食事を摂りながら、2000カロリー未満に抑えなければなりません。また、健康的に痩せるためには摂取カロリーだけでなく、食事を摂取する「タイミング」も大切になります。簡単なルールとして、

・1日3食食べる
・夜は炭水化物を摂らない
・寝る前3時間は「水」のみ
・夜8時以降は食事をしない

以上を徹底しましょう。







基本的に1日3食を守る

1日3食を摂取する意味としては、なるべく空腹を避けるため、そして<血糖値を穏やかに保つ>という目的があります。また、食事の感覚を一定にすることで「空腹」の期間も一定になり、ストレスを最小限に抑え、制限の反動としての「ドカ食い」を防ぐことができます。

夜は「炭水化物」を食べない

炭水化物は主なエネルギーとなる「ブドウ糖」への変換効率がよく、主に活動するための栄養素になります。しかし、夜に関しては「寝るだけ」ということがほとんどであり、それほど必要ではありません。また、消費し切れなかったブドウ糖は「中性脂肪」として体内に保存されてしまうため、「太る」直接的な原因になります。できることなら炭水化物の摂取は、「ランチ」だけにしましょう。炭水化物は<食べた感>を感じることできる成分であり、完全に抜いてしまうのは、あまりおすすめできません。そのため、朝・昼のどちらか1食は必ず炭水化物を食べましょう。

「寝る前」は食べない

以上で説明した通り、「夜は寝るだけ」という生活スタイルが一般的なため、エネルギーを摂取する意味は、ほとんどありません。そのため、空腹を感じたら「スポーツドリンク」程度にとどめましょう。置き換えダイエットは非常におすすめです。また、昨今のブームである「スムージー」などは特におすすめです。もともと、1日1食をスムージーに置き換えることによって、余計なカロリーを摂らないというコンセプトのダイエットに利用されており、結婚式前の「短期間ダイエット」に最適なアイテムです。お昼は炭水化物を摂取するとして、朝食・夕食の際に利用し、できれば夕食をスムージーに置き換えることが最もおすすめになります。スムージーは、それほどカロリーが低いわけではなく、あくまで置き換えのための食品になりますが、一般的な食事よりも「低カロリーで栄養素が高い」ことがメリットです。

「スムージー」を利用した「置き換えダイエット」について詳しく

結婚式直前には一度ダイエットを休む

以上の食生活を、挙式当日の「1週間前まで」続けてみましょう。最後の1週間は、体を元に戻す(太らせるわけではありません)期間になります。徐々に、通常の食生活に戻していきましょう。ダイエットというのは、女性の体に大きな負担をかけるものです。「生理不順」や「貧血」の原因として、最も多いものがダイエットと言われています。当日に、体調が悪くなってしまっては準備してきた意味がなくなってしまいます。最高のコンディションで悔いなく楽しむためにも、最後の1週間は体調を整える期間としましょう。そのためにも、早めに「絞る」行動を開始しましょう。

本気で痩せたいなら短期的な「断食ダイエット」も








この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


結婚式場の選び方 - プレ花嫁準備サイト

  • twitter
  • facebook