アラサーのウエディングドレスの選び方と着こなしで花嫁の不安を解決【アラフォーも】 | 結婚式場の選び方 | プレ花嫁準備サイト

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

ウエディングドレス特徴として「白い!」という他にもう1つ、「露出が多い!」ということが挙げられます。モデルのような体をお持ちの人は、何も心配する必要はありませんが・・・「自信がない!」という女性が大半です。「自信がある!」という女性には、いまだかつて会ったことがありません。客観的に見れば十分に綺麗な方も多いのですが、そのほとんどが「若い」というアドバンテージを持っていることも事実です。
ある程度の年齢を重ねている女性は、どうしても若い方に勝てなくて当然なのです。そういった要素から最も意識するのが「衣装」であるウエディング(カラー)ドレス選びであり、特に「アラサー」と呼ばれる30歳前後から、”どれを選べばいいか”気にされる方が増えてきます。

「二度と着ない」生涯一度のチャンスであることを忘れない

晩婚化の影響もあり、アラサー・アラフォーの新婦様というのは全く珍しいことではなく、「プレッシャー」は年々減ってきています。特に「28~32歳」の女性・カップルは、今や「普通」です。特に意識する必要はないかな、と思います。「三十路なのに・・・」なんてことは、ありません。基本的には、みなさんそれぞれが気にいったドレスを着るべきであり、せっかくの機会で遠慮する必要はありません。なんと言っても、毎日着るものではないのです。

「気になる部分が目立たない」仕様のドレスも検討する

しかしながら、「どうしても自信がない・恥ずかしい」という女性の場合は、やはり露出度の低いドレスを選ぶ傾向があります。具体的には、首から胸元の「デコルテライン」が隠れている「肩掛け」のドレスを選ぶ方や、腕を全てレースで包む「長袖のドレス」と同じ形状のものを選ぶ方が多いです。一般的には、「胸元」に裾を合わせて

・デコルテ(首筋~胸元)
・肩
・二の腕

これらを露出するスタイルのドレスが、スタンダードではあります。しかし、一方で「全体を覆う」ドレスも非常にスタイリッシュなものが増えてきています。ひと昔前であれば、あまり選ばれなかったスタイルですが、やはり時代に合わせてニーズの多いものが作られています。

「今のまま」と「着たいドレス」のどちらを優先する?

前提として、気になるなら努力をしましょう。着たいドレスがあるのであれば、いい「目標」になります。事実として、最初の打ち合わせと最後の打ち合わせでは、「まるで別人」という新婦様もいらっしゃいました。「頑張ったんだな」と感動することもあります。太ってしまう方は非常に少ないです。少しくらいはなんとかなるのです!自信がないから、自信がないなりにドレスを選ぶどうしても着たいドレスがあるから頑張る自分が納得できるのであれば、どちらでもいいはずです。しかかしながら、結婚式はあらゆる意味で、「けじめ」、「決心の場」であり、これをいい機会にして頑張ってみることを前向きに考えてほしいとも思います。ウエディングドレスを着るのは1日だけですが、頑張って仕上げた体はなくなりません。「美しいドレス姿を見せるために頑張った」それ自体が、いい思い出の1つとして残るはずです。

アラサー・アラフォーが実践すべき花嫁ダイエットのコツ

ただでさえ、”生涯最高の美しい姿”として残したい「花嫁姿」というのは年齢を経るごとに、より大きな不安となることは当然のことと言えます。若いうちに・・・と考えてしまうことは避けられないことではありますが、だからこそ、”よりふさわしい”ダイエット法で、より努力する必要があります。太るリスクというものは生きている限りなくならないものであり、「美容」に関するテーマの中でも、特に「永遠のテーマ」と言えるものです。結婚式をきっかけに、永遠に努力すべき対象への新たな一歩をふみだしてほしいと思います。







若い時よりも太りやすくなっている

前提として、加齢による「代謝の低下」が太りやすくなる大きな要因であり、中年太りのベースであることは多くの方が理解されると思います。そのため「今までと同じ食生活」、すなわちエネルギーの摂取量では若い時期に比べて太りやすくなる、というよりも太ります。一説によると、「35歳」の基礎代謝量は「15歳」の半分になるとも言われています。さすがに「部活」などをやっていた時に比べれば食事量は減ってきているはずですが、20代に比べて30代、30代に比べて40代は、より注意が必要になります。しかしながら、ただ<太りやすい>だけでなく、中年太りには他に大きな特徴と新たな傾向が生まれることになります。30代以降に特徴的な・象徴的な太り方として、いわゆる「ぽっこりお腹」があります。「洋ナシ体型」とも呼ばれるこの体型は典型的な「中年太り」であり、性別に関係なく、この太り方をする人が増えてきます。若い頃であれば体全体についていた(ついているように見えた)ぜい肉が、“下腹部を中心”に付いてくる現象が起き始めるのです。特に女性の場合、「便秘」という要素が加わることで、よりお腹の下の方が出っ張ってしまうことになります。”それほど体重が増えていない”場合にも見られ、「単純な脂肪の増大」ではないことが分かります。

「体の中」も乱れてきている

こういった太り方をしてしまう最も大きな要因として「内臓」が下がってきていることが挙げられます。もちろん、全ての中年男女の内臓が下がっているわけではなく、下がる傾向・リスクが圧倒的に高まる、ということです。そして、その原因としては

・継続した「姿勢」の悪さ
・「筋力(筋肉量)」の低下

以上の2つが主になります。
”継続した”ということは長く生きているほどに、その傾向が強まることになり、骨盤を中心として内臓の位置・バランスを整えている組織が乱れ続けた結果、徐々に内臓の位置が「正しくない」場所に移動してくることになります。更に、加齢・運動不足による筋力の低下は

・歩く
・持ち運ぶ

といった行動だけでなく、体の中でもデメリットを招くことになります。「インナーマッスル」と呼ばれる筋肉や、内臓周辺の筋肉が劣化してきているのです。

「内臓脂肪」も解消する必要がある

内臓自体が重くなってきていることも、内臓の位置が下がってきてしまう1つの要因になります。若い時期は「皮下脂肪」と呼ばれる皮膚の下の脂肪が付きやすい傾向がありますが、ある時期を境に、徐々に「内臓脂肪」が増えやすくなります。これにはホルモンの減少・乱れといった、その他の要素が影響していますが、結果的に脂肪を蓄えた内臓を支えるための筋肉量の低下とからみ合い、より<落ちてくる>リスクが上昇することになります。”ぽっこりお腹”の問題を解決するためには

・姿勢を正しく保つ・矯正する
・筋肉を衰えさせない

といった単純な努力が、第一に必要です。これらを意識することによってはじめて、食事量を減らして内臓脂肪を燃やすことや、代謝を衰えさせないための働きかけが効果を現すことになります。特に、「太ってはいないのに・・・」という女性は、かえって不格好になりやすく、もったいないものでもあります。ほうっておくことによって、”年をとるほどに”強まるものであり、早い段階で解決策を取り入れ、実践していくことが大切になります。







この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


結婚式場の選び方 - プレ花嫁準備サイト

  • facebook
  • x