写真映えする誓いのキス|手の位置はここ! 唇以外のキスも | 結婚式場の選び方 | プレ花嫁準備サイト

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

誓いのキスといえば、結婚式のなかでも特に盛り上がるシーンのひとつといっても過言ではないかも知れません。チャペルの祭壇で愛を誓った2人がキスをする姿は、神秘的で写真にも撮っても映えますよね。

ただ、盛り上がるシーンだからこそ、当日キスをする新郎新婦にとっては、緊張の一瞬ともいえます。人前でキスをすること自体慣れている人は少ないでしょうし、親族や友人が見ている前でなんてさらに緊張してしまうかも。

一生に一度の大切な結婚式のキスシーンですから、写真にも素敵な姿で残したいですよね。当日緊張してパニックになってしまうことがないように、どうすれば映えるキスシーンになるのかをしっかり確認しておくことがポイントです。

この記事では、そもそも誓いのキスってなんなのか、ということから、新郎新婦別の写真映えのコツまで、詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

誓いのキスを行う意味って?

祭壇にて誓いのキスをする新郎新婦

結婚式の演出にはそれぞれ意味があり、誓いのキスにももちろん意味が存在します。意外と知らない人も多いかも知れませんが、知っておくと、より大切な時間として誓いのキスを捉えられるようになるので、ぜひ新郎新婦で共有しておくのがおすすめです。

誓いのキスは封じ込めの意味がある

誓いのキスには、結婚の誓いの言葉を封じ込め、永遠のものにするという意味があります。とってもロマンチックな意味が込められたセレモニーですよね。手の位置まで気にするなんて細かいのでは、と思う人もいるかも知れません。しかし、意味を知ると、そんな大切な儀式のシーンを、より美しく写真に残しておきたいと感じるのも頷けるのではないでしょうか。

 

ゲストにとってもシャッターチャンス

誓いのキスは、ザ・結婚式のワンシーンともいえる場面のため、ゲストにとっても絶好のシャッターチャンスです。キスを見られたり、写真を取られるのは恥ずかしいと感じるかもしれませんが、ゲストのもとに納得のいかないキスシーンの写真が残ってしまうのは残念なので、完璧な写真写りを意識して乗り越えるのがおすすめですよ。

 

写真映えのコツ:新婦様編

階段の踊り場で花嫁の手を取る花婿

それでは、実際にどのような部分を意識すれば写真映えができるのかを解説していきます。最高に美しいワンシーンを仕上げられるように、当日自分がどのように動くのかをしっかりイメージしながら確認してみてくださいね。

手の位置

キスシーンでとても重要になるのが、キスをしている最中の手の位置です。実際に立った状態でキスをしてみると、どこに手を置くべきなのか迷ってしまい、不自然に手がさまよったなんて失敗もあるかもしれません。

手の位置は事前にしっかり、ここに置こう、と決めて意識しておくのがいいでしょう。Instagramなどで実際の花嫁様の写真を確認して、理想のポーズのイメージを固めて置くとわかりやすいですよ。

▼お腹の前
お腹の前に手を置くと、新郎からの愛を受け入れているように見えます。位置は、おへその下辺りで、左手が上に来るようにそっと重ねておくのがいいでしょう。二の腕が気になるという方や、腕が露出するタイプのデザインのドレスでも、腕に視線がいきにくく、あまり気にならないのがうれしいですね。

▼新郎の肩
新郎との密着度が上がり、より親密に見えやすいポーズです。新郎からのキスを受け入れているだけでなく、お互いが対等な関係であるということのアピールにもなりますね。

▼手を繋ぐ
仲の良さが垣間見える、とても可愛らしいポーズです。手を繋いでいることで永遠の繋がりをアピールしているという、ロマンチックな意味合いもありますよ。

 

3秒~5秒継続する

キスの時間は長すぎず短すぎずを意識しておくのがポイントです。短すぎると、カメラマンやゲストが写真を撮るための時間がなくなってしまいますし、逆に長過ぎると、周囲が照れてしまって、照れ笑いが聞こえてきてしまう、なんてこともあるかもしれませんよ。

緊張していると、時間が経つのが長く感じてしまう場合もあるので、すぐに離してしまう失敗がないよう、ゆっくりと時間を数えることを心にとめておくのがいいですね。







写真映えのコツ:新郎様編

花嫁のベールと後ろ姿

誓いのキスは、基本的に新郎がエスコートをして行います。動画撮影などを入れている場合は、写真だけでなく、一連の流れが映像として残ることもあるので、スマートにエスコートができるよう、しっかり手順やポイントを確認しておくことが大切です。

キスの前にしっかり近づく

2人の体が離れていると、立った状態ではキスがやりづらく、姿勢が崩れてしまうので、写真写りも悪くなってしまいます。ドレスがボリューミーな場合は、ドレスと床の隙間に、新郎が足を入れて、ぐっと体を近づけるのがポイントです。

ドレスによる制限など、当日にしかわからない部分もあるため、式前に行われるリハーサルで、しっかりと実際にキスをすることをイメージして確認しておくことが重要ですよ。

 

ベールアップは最後まで

誓いのキスは新婦のベールを上げることから始まります。ベールアップは一見簡単そうに見えますが、実はしっかり手順を守って行うことが大切です。新婦はベールを上げたあとも、挙式の間は後ろにベールを付けたままの状態で過ごします。気をつけるべきポイントを守らないと、見た目が良くなかったり、シワになってしまったりということもあるので注意しましょうね。

  1. 1歩踏み出して新婦にしっかりと近づく
  2. ベールの内側に親指引っ掛けるようにしてそっと持ち上げる
  3. ベールを新婦の向こう側へゆっくりと下ろす

ベールは最後までしっかりとおろし、仕上げに折れている部分がないようそっと整えてあげるといいでしょう。ベールのシワや、新婦の顔にベールがかかることを防げるので、写真映えにも重要なポイントですよ。

 

手の位置

新婦の手の位置と合わせて、事前に打ち合わせをしておくことが大切です。手の置く位置によって印象がぐっとかわるので、自分たちの理想のイメージで決めるのもいいですね。

▼新婦の肩
新婦がお腹の前に手を置いている場合は、新郎の手は新婦の肩に置くのが定番です。愛を受け入れる姿勢の新婦に対して、新郎がリードしていくという、男らしさをアピールできますね。

▼新婦の腰
新婦が肩に手を置く場合は、新郎は新婦の腰に手を回すのが自然な雰囲気でおすすめです。腰に手をやることで密着度も高くなるので、ぐっと近づいてキスができますよ。

▼手を繋ぐ
手を繋ぐ場合は、恋人つなぎなど、つなぎ方も事前に相談しておくのがいいでしょう。普段からよく手をつなぐカップルであれば、いつものつなぎ方がリラックスできるかもしれませんね。手は繋がずに重ねるだけでも充分ロマンチックな雰囲気を演出できますよ。

 

頭は祭壇側へ

キスをする際、新郎の頭は祭壇側へ傾けるのが一般的です。そうすることで新婦の横顔がゲスト側から美しく見え、写真映えもばっちり。覚えておきたいことがたくさんあり、忘れてしまいがちなポイントですが、リハーサルなどでしっかりと確認しておきましょうね。

 

一番のコツはリラックスすること

手を取り合い向かい合う新郎新婦

ここまで、手の位置やポイントなどをご紹介してきましたが、いちばん大切なことは、なるべくリラックスしてその瞬間を迎えることです。結婚式が始まってしまえば、もう、最後までやりきるしかありません。せっかくの時間を最高の思い出にするために、お互いに声を掛け合って、リラックスできる雰囲気作りを意識してみませんか。

どうしてもキレイに撮りたいという方や、万が一の失敗が怖いという方は、別撮りという方法を検討してみるのもいいかもしれません。

前日からゆっくり過ごそう

まずは、結婚式に向けてコンディションを整えることが一番大切です。なるべく式の前日から、体と心を整えるために、ゆっくりと過ごすことを心がけたいですね。寝不足は、お肌のコンディションにもメンタルにも影響が出やすく、花嫁の敵だということを覚えておいてください。

 

リハーサルはしっかりと

リハーサルでは、本番に望むつもりで、真剣に動きを確認しておくことが大切です。この記事で身に付けた知識も、まずはリハーサルで完璧に練習しておきましょう。普段全くやり慣れていないことばかりなので、恥ずかしく感じてしまう方もいるかも知れませんが、モデルになったつもりで思いっきりやり切ることがポイントです。

 

当日はとにかく楽しむ

全くトラブルのない結婚式はあまりありません。トラブルはつきものだ、ということを心にとめておき、何かあっても気にしすぎないようにしましょう。式場のスタッフは全員結婚式のプロです。困ったことがあったら助けてもらえる、という気持ちで、結婚式を楽しむことに集中しましょう。







誓いのキスでキス以外の演出も映える

結婚指輪をはめられている新婦の手元

フォトジェニックを優先したい新郎新婦には、誓いのキスの場面で、唇以外の場所にキスをするという選択肢もあります。絶対に唇でなければいけないという決まりがあるわけではありません。写真写りを優先したい場合は、2人が納得できる演出を考えてみるのも面白いですね。定番のキスではないからこそ、ゲストへのサプライズにもなり、自分たちらしいオリジナリティも出せますよ。

唇以外のキスでもOK

唇以外の場所で人気があるのは、おでこ・頬へのキスです。

おでこへのキスは、特に身長差のあるカップルにおすすめ。どちらの顔も隠れることがなく、写真映えもバッチリです。

頬へキスをすると、新婦の横顔がより美しくゲストに見せられます。ゲストの前で唇にキスをするのが恥ずかしい、という方にも受け入れやすく、可愛らしい印象になりますね。

 

誓いのキスに代わる演出とは

▼クロージングキス
クロージングキスとは、退場の際、チャペルの扉が閉じるのと同じタイミングでキスをする演出です。会場によっては、逆光のようになり、ゲスト側からはシルエットだけが見えるというフォトジェニックなシーンになる場合もあります。

▼エンゲージカバーセレモニー
結婚式で誓った愛に蓋をする、という意味で、結婚指輪の上に重ねて婚約指輪をつける儀式です。婚約指輪をゲストにお披露目する機会がほしいという方にもおすすめですよ。

誓いのキスに代わる演出は、こちらの関連記事をぜひ参考にしてみてください。

『結婚式で誓いのキスをする割合は多い?したくない時の演出アイデア紹介』
URL: https://www.kekkonshikijoerabikata.com/6568/

 

完璧な誓いのキスをしよう

フォトプロップスを持った新郎新婦の後ろ姿の別撮り

キスをする際の、手の位置や秒数、ベールアップの手順など、事前に確認できることをしっかり学んでおけば、誓いのキスは完璧な美しいシーンとして写真に残すことができます。高揚感や緊張が高まる本番のなかで、これはどうするんだっけ?と迷うことがないよう、新郎新婦でしっかり内容を打ち合わせておきましょう。

誓いのキスは、結婚式の見せ場のひとつといえるほど、フォトジェニックな場面です。しかし、手順ばかりに気を取られて楽しそうではなかったり、硬い表情になってしまうのは避けたいですよね。事前に確認をしっかりしたら、本番はなるべく楽しむことだけを意識して、一生に一度しかない、誓いのキスという貴重な時間を満喫しましょう。

この記事で紹介したポイントが、参考になれば幸いです。







この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


結婚式場の選び方 - プレ花嫁準備サイト

  • facebook
  • x