二次会の司会は芸人でも大丈夫? 失敗しない選び方 | 結婚式場の選び方 | プレ花嫁準備サイト

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

二次会の司会者について、お笑い芸人を派遣する代行会社もあります。お笑い芸人でも進行係は務まるのでしょうか。進行係とはパーティーをコントロールする重要な役職です。そんな重大な役割を任せるのはどんな人がいいのか、を紹介していきます。これから友人に声をかけようと思っていた新郎新婦様も必読の内容です。基本的には、やりたいパーティーの雰囲気に合わせて選びます。ただ、パーティーをコントロールするにあたり、それに相応しい人を選ぶ必要があるでしょう。特にアフターパーティーは小さいことも含めてトラブルが起こりやすいです。揉め事に上手く対応できる人でないと、微妙な空気になってしまいます。最悪の場合、ちぐはぐになったまま解散の時間になってしまうこともありえるのです。結婚式をつつがなく終えられても、アフターパーティーが台無しになっては満足感の高い1日だったとは言えません。そのため、パーティーの成功可否は人選びから始まっているといっても過言ではないのです。進行係選びには、お二人で探す、代行会社から紹介される、友人に依頼するといった方法があります。外部に委託するにしても、友人に頼むにしても外せないポイントはありますので、本記事を参考に司会者を選んでみてください。

二次会は時間との闘い

アフターパーティーの進行を依頼する人は決まりましたでしょうか。
進行係は当日のパーティーを左右するとても重要なポジションです。

進行係がいないと会は進みません。
話に夢中で大慌てで退場したり、やろうと思っていた余興がタイムオーバーでできなくなったり、アフターパーティーは時間管理との闘いでもあります。

当日はゲストも主役もお酒が入り大盛り上がりで、あっという間に退店時間というのはよくある話でした。

追加料金で延長した新郎新婦様もいらっしゃいましたが、できれば余計な支出は抑えたいですよね。

いかに約束の時間内で楽しい気持ちのままパーティーを走り切れるか、これが重要です。
終わり良ければすべてよし、なんて言いますが逆も言えるのではないでしょうか。

つまり、アフターパーティーでモヤモヤが残れば結婚式の思い出そのものが曇ってしまう、ということです。

そしてそのパーティーをコントロールするのは進行係です。
上手くいくのもいかないのも進行係次第でしょう。

ただの盛り上げ上手なお調子者ではパーティーの進行係は難しいというのが私の見解です。

司会者だけ外部に頼むのはアリ!

すでに幹事代行の会社へ依頼しているのであれば関係のない話ですが、進行係“だけ”プロの手を借りるというのも方法の1つになります。

ご友人の進行ですとクオリティには上限がありますし、コミュニケーション不足、経験不足で上手くいかなかったケースも見てきました。

時間を過ぎてしまって会場に迷惑をかけたり、延長料金を払う羽目になってしまうこともあります。

そんな心配をせずに済むのが外部委託という手なのです。
ピンキリではあるのですが、ある程度のクオリティは保証されます。

大事な結婚式の締めくくりなのですから、惜しまずプロの手を借りることがおすすめです。







誰に頼む?

進行係はタイムキーパーの役割も持ち合わせています。
ゲームや余興がスケジュールに組み込まれたときに、時間通りに終わるように進行することも仕事の内ということです。

しっかりとパーティーをコントロールできるのか、これが重要になります。
盛り上がりすぎて時間を過ぎてしまっていた、となっては進行係がいる意味がありません。

パーティーを盛り上げることができる、これは最低ラインです。
時間管理ができるかどうかが大事なポイントですので、人選は慎重に行ってください。

もちろん、コケてもいいから友人に進行してもらって、内々のパーティーを楽しみたい方もいらっしゃるでしょう。

その場合でも時間を気に掛けるご友人に依頼したり、お二人が時間に関しては声をかけるなどの工夫が必要です。
時間に厳しい会場もありますので、くれぐれもご注意ください。

そしてアフターパーティーともなれば気にしない人も増えてきますが、言葉遣いも気にした方がいいでしょう。

重ね言葉や忌み言葉はウエディングの場では使いません。
お笑い芸人だと、この辺は緩くやっているところもあるので気になる方は避けたほうが無難です。

やはり一番いいのはプロのブライダル司会で、その次にお笑い芸人、友人と続いていきます。
それぞれメリット、デメリットはありますので比較してみて、後悔のない選択をしてください。

友人進行のメリット、デメリット

友人に依頼する場合のメリット、デメリットとは何でしょうか。

メリットはやはり、仲間内だけでパーティーを行えることです。
気の置けない友人とワイワイやるのであれば、部外者はいない方が盛り上がることもあるでしょう。

身内ノリへの対応ができるのも友人ならではです。
気軽にリクエストを伝えられるのも強みですが、場合によってはそうでもないことがあります。

それは、進行係が新郎様の友人で新婦様から見て知らない人だったり、その逆のパターンです。
余興の内容について言いたいことがあったが、言い出せなかったという話をよく聞きます。

また、経験のないまま挑むには大変な役職ですから、当日てんやわんやになってしまう可能性が高いです。

そこも含めてご愛嬌、と進めることができるのであれば友人の進行でも楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか。

依頼するご友人の見極めは慎重にお願いしますね。







お笑い芸人って大丈夫?

さて、二次会の代行会社にはお笑い芸人が進行を務めるところもあります。
本業は司会者ではありませんから、少し心配に思うかもしれませんね。

芸人の下積み時代の話で、結婚式の司会をやっていたなんて話を聞いたりもします。
確かに盛り上がりは期待できそうです。

ただ、下積み中のお笑い芸人に一生に一度のパーティーを任せることに不安はないかということを考えてみてください。

盛り上がり第一で、アフターパーティーの進行はお笑い芸人以外では考えられないというのであれば、そのまま依頼して大丈夫です。

人を笑わせることに関してはプロなのですから、笑いの絶えない大盛り上がりのパーティーになることでしょう。

もし、少しでも不安な気持ちがあるのであれば別の方法を探すことをおすすめします。
大事な結婚式の日を1点のかげりもなく迎えてほしいからです。

お笑い芸人は笑いのプロであって、パーティー進行のプロではないということをご留意ください。
ただ、経験がある分友人に依頼するよりはスムーズに進行できるはずです。

プロはここが違う

では、本業の司会者は何がいいのでしょうか。

まず、経験してきた場数が違いますからトラブルへの対応に慣れています。
トラブルに臨機応変に対応しながら、台本の軌道修正も抜かりありません。

二次会とは何かしらトラブルが起こるものです。
新郎新婦様の到着が遅れたり、DVDが上手く流れなかったり、時間内に料理が出てこなかったり、小さいことから大きいことまで起こります。

想定外の出来事が起こったとき、上手く対処できるのがブライダル司会者です。
頻繁に起こることではありませんが、保険をかけるという意味でプロの人に依頼することをおすすめします。

“パーティーのコントロール”には、こういったトラブルへの上手な対処も含まれるのです。

また、事前に台本を作成し言葉遣いも完璧にパーティーをこなします。
アマチュアの場合に意外とやってしまうのが“終了“という言い方をしてしまうことです。

結婚生活の終わりを連想させる言葉なので、ウエディングの場では使いません。
代わりにお開きという言い方をしたりします。

気にならないのであれば神経質になる必要はありません。
ただ、最後まで特別な1日を過ごすのであれば、気にした方が満足度は高いでしょう。

最後に、新郎新婦様との接し方が板についていることがメリットの1つです。
パーティー中の配慮や、パーティー後の話題をよく把握しています。

これによって得られる安心感は桁違いです。
例えば、新婦様がヒールに慣れていなかった場合、席を立たなくてすむように会を進行するなどの対応をしてくれます。

デメリットは、探すのに手間とコストがかかることです。
プロですから依頼には数万円かかってきます。

かける価値はありますが、希望する雰囲気に合わせて考えてみてください。







司会者の選び方

二次会の進行係については、ブライダル司会者>お笑い芸人>友人の順におすすめします。

人柄については、朗らかな楽しい人がおすすめです。
挙式披露宴が厳格な雰囲気だったのであれば、二次会ではガラリと趣を変えるのもよいでしょう。

楽しい雰囲気にしてくれそうなブライダル司会者またはお笑い芸人もしくはご友人に依頼してください。

雰囲気が良ければ信頼関係も築けます。
信頼関係があれば、トラブルが起きても対処がしやすいです。
仮に最善策を講じられなくても、できるだけのことはしたと思えるでしょう。

そして大事なのが、時間管理をしっかりすることです。
進行係にタイムキーパーになってもらうか、お二人が時間をしっかり見ておき、パーティーが長引かないように気を配りましょう。

明るい雰囲気を持ち、時間の管理ができて、急な問題への対応を素早く柔軟にこなすことのできる人を進行係に選ぶべきです。

二次会で悲しい思いをしないために

二次会の司会者について、どんな人を選ぶべきか紹介しました。

進行係はパーティーをコントロールする大事な役職です。
進行係の出来次第でパーティーが成功するかどうかが分かれるといっても過言ではありません。

行いたい雰囲気に合わせてどんな人に依頼するべきか決めてみてください。
時間内で楽しく終わるパーティーになることを祈っています。







この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


結婚式場の選び方 - プレ花嫁準備サイト

  • facebook
  • x