トレンドの高砂ソファとは? おすすめの装花の飾り方 | 結婚式場の選び方 | 結婚式準備サイト

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

おしゃれに敏感な花嫁に人気の高砂ソファ。自分の結婚式でも取り入れたいけれど、「料理を置く場所は?」「費用が高くならない?」と、疑問や不安がある方も多いでしょう。

一般的な高砂は横長のテーブルがあり、卓上に装花や料理が置かれます。しかし、ソファを使用する場合は、大きなテーブルを置かないのが基本です。ふたりの足元も見せることになるので、カジュアルすぎるのではと、心配する方も少なくありません。

そこで今回は、フラワーコーディネーターとして多数の高砂ソファをプロデュースしてきた経験から、魅力や注意点を解説します。

ほかにも、気になる費用相場や演出のアイデアも紹介しています。高砂ソファを検討している方やおしゃれに見せるコツを知りたいという方も、ぜひ参考にしてください。

高砂ソファとは?

画像:ソファ席とそばに置かれたグリーンの装花

高砂とは、披露宴で新郎新婦が座る席のこと。高砂ソファでは、新郎新婦の席にテーブルとイスではなくソファを利用します。

周りに置く装花や小物、背景も含めてコーディネートすることで、フォトジェニックな空間づくりが可能です。

高砂ソファの魅力

  • ゲストとの距離が近くなる
  • フォトブースとして活用して素敵な写真が残せる
  • 自慢のドレス&シューズもしっかりお披露目できる
  • 和装洋装を問わず座りやすい
  • 子どもと一緒に座りやすい

ソファを使った高砂は、メインテーブルとイスのある席よりカジュアルに見えます。そのため、ゲストと気軽に楽しめる、アットホームな結婚式を行いたいカップルにおすすめです。

メインテーブルをなくすことで、ゲストとの間に一体感も生まれやすくなります。

▼ゲストとの距離が近くなる

メインテーブルを使った高砂は、ゲストとの間に距離を感じてしまいます。しかし、高砂ソファは、ふたりとゲストの間を隔てるものがありません。

立ち上がればすぐゲストのそばに行けて、ゲストも近寄りやすい距離感が、高砂ソファの一番の魅力です。

 

▼フォトブースとして活用して素敵な写真が残せる

高砂は、ゲストが挨拶に来たり一緒に写真を撮ったりと、記録や記憶に残ることも多い場所です。

デザイン性のあるソファに、周りを囲む装花。ほかにもガーランドやバルーンなど、装飾にこだわれば映えるフォトブースになり、素敵な写真が撮れるでしょう。

 

▼自慢のドレス&シューズもしっかりお披露目できる

こだわって選んだドレスやシューズも、テーブル席だと上半身しか見せることができません。しかし、ソファなら全身を見てもらえます

座ったときにふんわり広がるドレスや流れるトレーン、裾から覗くシューズもフォトジェニックなシーンになりますよ。

 

▼和装洋装を問わず座りやすい

ボリュームのある花嫁衣裳は、イスにしっかり座ることができません。前の方に、軽く腰掛けるだけになることも多いです。

しかし、ソファは和装洋装を問わずゆったり座れるため、どんな衣装でもリラックスして過ごせるのもソファの魅力でしょう。

 

▼子どもと一緒に座りやすい

子どもと一緒のパパママ婚にも、高砂ソファがおすすめです。

高砂がテーブル席の場合、子どものイスを別で用意するか、家族席にずっと預けておくことになります。しかし、ソファなら子どもと離れずに一緒に座ることができるからです。

 

高砂ソファの注意点

  • 料理はサイドテーブルやローテーブルへ
  • 装花の量が増えて費用が高くなるかも
  • 広い会場では後ろの席から新郎新婦が見えないことも

高砂ソファはカジュアルな雰囲気になりやすいので、目上の方が多くかしこまった雰囲気の結婚式には不向きです。ソファだからとくつろぎ過ぎると、ゆるみきった姿が写真に撮られてしまうこともあります。

ほかにも、次のような点に注意しましょう。

▼料理はサイドテーブルやローテーブルへ

メインテーブルがないと、グラスや料理を置く場所がありません。全体の雰囲気を崩さない程度に、サイドテーブルやローテーブルを置くと使い勝手がいいですよ。

全部は食べ切れないので、最初の1、2品のみ置いておくのも高砂ソファにする際のコツです。

 

▼装花の量が増えて費用が高くなるかも

メインテーブルは、装花のボリュームが小さくてもそれなりに華やかに見えます。しかし、高砂ソファはある程度のボリュームがないと、全体が寂しく見えてしまうことも。

見栄えよくするために装花の量を増やすと、必然的に費用が上がってしまうでしょう。

 

▼広い会場では後ろの席から新郎新婦が見えないことも

ソファの場合は座る位置がイスよりも低くなるため、広い会場だと後ろの席から新郎新婦が見えにくいことがあります。新郎新婦とゲストの席の間に、段差がない会場はなおさらです。

ステージ台にソファを置き、見えやすくする工夫をしましょう。

 

高砂ソファの装花アイデア

画像:ソファ席と左右に飾られた装花

メインテーブル装花は、新郎新婦の顔周りを華やかにする効果がありますが、高砂ソファではメインテーブルがありません。

しかし、ソファの周辺に装花を配置することで空間全体が華やかになり、新郎新婦を引き立てる効果が生まれます。

高砂装花は左右にセッティング

高砂ソファの装花は、ソファの両側にセッティングすることが基本になります。装花が片側だけだと、お花がない側のゲストから寂しく見えてしまうからです。

また、左右を均等に装飾するのではなく、お花のボリュームや配置を変えるなど、アシンメトリーにすることでおしゃれな装花になります。

 

ソファの背面に大きな装花をセット

ソファの背面にも大きな装花を置くことで、奥行きのある装飾になります。台を置いて高い位置にお花を見せるのもいいですし、高さのある枝ものを大胆に配置するのもおすすめです。

ゲストと写真を撮る時はソファの後ろに並んでもらうため、入りやすいようにすき間を作っておくことも大切になります。

 

装花に高低差をつける

高砂ソファをおしゃれに見せるためには、装花に高低差をつけて奥行き感を出すこともポイントです。背の高い位置だけでなく、足元にも装花を置くことで全体の華やかさが増しますよ。

カゴにブーケをアレンジしたり、ラフに束ねた花束をさりげなく置くのもおすすめです。







高砂ソファの費用相場と節約アイデア

画像:アイボリーのソファ席とグリーンがメインの装花

一般的な高砂はテーブル上を飾れば華やかに見えますが、ソファは左右や背面の広い空間を埋めることが必要です。そのため、同じ金額でも見栄えが異なります。

ここでは、装花の相場や金額を抑えられる節約アイデアを紹介します。

装花の相場

メイン装花の相場は、15万円くらいです。テーブルだと横長のアレンジで全体を華やかに飾れますが、ソファの場合は分散して飾るため華やかさに差が出ます。

5万円くらいで節約する方もいますが、装花でボリュームを出そうと、30万円から50万円近くかける方もいます。

 

節約アイデア

見栄えのするお花でボリュームを出そうとすると、高額になりがちです。しかし、節約のアイデア次第では、費用を抑えつつ華やかな空間づくりをすることもできます。

  • グリーンを多く使う
  • 花を小分けにして設置
  • ボリュームの出やすい小花を使う
  • 果物や小物を混ぜる
  • 背面に窓や装飾がある会場を選ぶ

どの方法も、実際に多くのカップルに提案してきた内容なので、ぜひ取り入れてみてください。

▼グリーンを多く使う

グリーンを多めに使うことで、装花にボリュームが出ます。広がりのある枝ものは、空間を埋めやすいのでおすすめです。

つる性のグリーンを花瓶から垂らしたり、木箱の上などに這わせたりするだけでも、見栄えがよくなりますよ。

 

▼花を小分けにして設置

花を一つの花瓶にまとめて生けるより、小さな花瓶や細長い花瓶に小分けにすれば、空間に広がりを出すことが可能です。

さらに、高低差をつけたり前後に位置をずらしたりと、空間全体を使って配置すると奥行き感もアップします。

 

▼ボリュームの出やすい小花を使う

カスミ草やハイブリッドスターチスなど、たくさん枝分かれして小花がついている花は、ボリュームを出しやすいのでおすすめです。

小分けにして他の花と合わせたり、それだけで束ねたブーケをさりげなく置くだけでも空間が埋まります。

 

▼果物や小物を混ぜる

空間のイメージに合う果物をランダムに置くのも、意外性があっておすすめです。花を鳥かごやフレームに絡めて置くと、インテリア性の高い装飾になります。

何でもいいわけではなく、全体のテーマに合うアイテムを飾ることがポイントです。

 

▼背面に窓や装飾がある会場を選ぶ

メイン席の後ろに窓や装飾がある会場は、それだけで雰囲気のある空間になります。これから会場を選ぶ場合は、メイン席まわりの雰囲気も検討材料に含めるといいでしょう。

また、装飾にレンタルできるアイテムがあるかも聞いておくと安心です。

 

高砂ソファをおしゃれにする演出小物

画像:切り株やキャンドル、ネイキッドケーキなどナチュラルな雰囲気の小物

デザイン性の高いソファはそれだけでもおしゃれですが、周りの装飾が寂しいと結婚式の華やかさに欠けてしまうでしょう。

装花でも華やかになりますが、いろいろなアイテムを取り入れることで、見栄えがかなり変わります。

クッションやブランケット

クッションやブランケットをプラスするだけで、ソファの印象が変わります。ソファの雰囲気がテーマとズレている場合も、クッションやブランケットが大活躍しますよ。

GloomとBrideのロゴの入ったクッションなら、お色直し時にふたりの代役を担ってくれるでしょう。

 

キャンドルやライト

キャンドルやライトは、大人っぽい雰囲気やナイトウェディングにもおすすめです。大きさの違うキャンドルをランダムに並べたり、ランタンと組み合わせたりするとおしゃれに見えます。

ガーランドライトは天井から吊るしたり、枝や花にからませたりしても素敵です。

 

アンティーク小物

アンティークな小物は、ソファとの相性もばっちりです。ボタニカルウェディングやシャビーシックがテーマの結婚式にも似合います。

くすんだゴールドのフレーム、ところどころ褪せた鳥かごなどの大きめな雑貨と、古書やランプなどの小さなアイテムを組み合わせて。

 

木箱や丸太

木箱や丸太は、装花を置く台として使えるだけでなく、雰囲気づくりにも活躍してくれます。そのまま置いてもいいですが、麻布やオーガンジーなどを重ねるのもおすすめです。

流木を足元に置いてもおしゃれですが、組んでテントのオブジェにするのもフォトジェニックな空間に。

 

バルーンやタペストリー

背面が寂しいときは、バルーンやタペストリーを飾りましょう。GloomとBrideのロゴがある大きなバルーンを飾るのもいいですし、小ぶりなサイズをたくさん飾るとかわいらしくなります。

タペストリーは、ふたりの名前や日付入りで特別感を出すのもおすすめです。

 

まとめ:高砂ソファでおしゃれな結婚式を演出しよう

画像:革張りのソファとひまわりなど背の高いアシンメトリーに配置された装花

高砂ソファは、おしゃれに敏感な花嫁に人気です。メインテーブルをなくし、ソファの周りを装飾することで、フォトジェニックな空間になります。

ソファの左右や背後を装花で埋めるには、かなりたくさんの花が必要です。しかし、花の置き方を工夫したり、花以外のアイテムを使ったりすることで、費用を抑えながら見栄えよく見せることができます。

今回紹介したアイデアはどれも難しくないので、ぜひ参考にしておしゃれな高砂ソファを演出しましょう。







この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


結婚式場の選び方 - 結婚式のなかの人がおすすめする結婚式場を検索できる