チャペルの装花って必要? いらない装花と必要な装花とは | 結婚式場の選び方 | 結婚式準備サイト

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

結婚式を華やかに彩る装花。あれもこれもと追加していたら、予算オーバーになってしまったという方は多いのではないでしょうか。

装花代をできるだけ節約したいけれど、どこを削るべきか悩んでいる方もいるでしょう。下手に減らしてしまい、ゲストから寂しく見えたりケチったと思われたりするのもいやですよね。

そこで今回は、式場の専属フラワーコーディネーターとして数多くの装花を手掛けてきた筆者が、装花の節約術を解説します。

削ってもいい装花と必要な装花についても解説しているので、賢く装花を注文したい方はぜひ参考にしてください。

結婚式の装花一覧と相場

画像:バージンロードの左右に活けられた白とグリーンの装花

結婚式の装花には、主に次の項目が挙げられます。

装花は、空間を彩り特別感を演出してくれるアイテムで、結婚式には欠かせません。

装花全体の相場は平均20万円くらいですが、もっと抑えることもできます。しかし、むやみに減らしてしまうと寂しく見えてしまうので、見せ方やポイントを絞ることが大切です。

1.挙式会場の装花

挙式会場では、祭壇やバージンロードを装花で飾ります。結婚式を華やかに彩るだけでなく、香りがふたりやゲストを包み込み、幸せな空間を演出してくれるでしょう。

また、お花の香りは、その場を清めてくれるとも言われています。

▼バージンロードのチェア装花

チェア装花とは、ゲストが座る椅子に飾る装花のことです。
新郎新婦が歩むバージンロードが華やかになり、写真映えもよくなります。
相場は1脚が1,000円~2,000円くらいですが、脚数分が必要です。
大聖堂になるほど、費用がかさみます。

▼祭壇装花

祭壇装花は、正面にある祭壇の上や両側などに飾る装花です。
相場は2万円~5万円くらいですが、祭壇の作りによって飾り方や装花の個数が異なります。
神聖さを表す白の装花ばかりでなく、チャペルの雰囲気によってはカラフルなお花もありです。

▼フラワーシャワー

挙式が終わり新郎新婦が退場するときに、祝福を込めてゲストがまくのがフラワーシャワーです。
お花の香りで、悪いものからふたりを守る意味もあります。
相場は2万円くらいですが、会場によっては1人あたり300円前後で人数分必要なところも。

 

2.披露宴会場の装花

披露宴会場の装花は、パーティを華やかに演出するアイテムです。挙式会場とは異なり、ふたりのテーマや会場の趣きに合わせて、色とりどりのお花で装飾します。

装花の飾り方次第で、披露宴の雰囲気がかなり左右されると言えるでしょう。

▼メインテーブル装花

メインテーブル装花は、新郎新婦が座る席のテーブルを飾る装花で、ゲストが一番注目する場所です。
横長のテーブルを置くことが多いですが、テーブルなしでふたりが座るソファーを装花で囲む飾り方もあります。
相場は5万円~10万円程度です。

▼ゲストテーブル装花

ゲストテーブル装花は、ゲストのテーブルの中央に飾る装花です。
食事や歓談中にゲストの目に入るため、見られる時間が一番長い装花になります。

相場は1卓あたり3,000円~1万円くらいですが、テーブル数によって金額の差が出やすいところです。

▼ウエディングケーキ・ナイフ装花

ウェディングケーキの前や、ケーキカットに使うナイフにつける装花で、ケーキやナイフを持つ手元を華やかにしてくれます。
相場は1万円~2万円くらいです。
同じように、メインキャンドルや火を灯すトーチに装花をつけることもあります。

 

3.ウェルカム装花

ウェルカム装花は、ゲストをお迎えする場所に飾る装花のことです。結婚式が始まる前からゲストを歓迎し、気分を盛り上げてくれます。

受付やウェルカムスペースが多いですが、式場によってはほかにも飾る場所がいろいろあります。

▼受付装花

受付装花は、ゲストがご祝儀を渡したり芳名帳に記入したりする受付台に飾る装花です。
ゲストが一番初めに目指してくる場所を、明るい雰囲気にしてくれます。
小さなアレンジメントを置くことが多く、相場は3,000円くらいです。

▼ウエルカムスペース装花

ウェルカムスペースは、受付を済ませたゲストが開始時間まで過ごす場所です。
ウェルカムボードなどと一緒に装花で飾り付けをしたり、フォトブースを作ったりします。
相場は5,000円~1万円くらいで、スペースの広さにもよります。

▼エントランスや門、トイレ装花など

ウェルカム装花を飾る場所は、ほかにもエントランスや門、トイレなど、式場によってさまざまです。
小さな装花だと3,000円くらいから、リースなどお花をたくさん使う装花や大きいものは、3万円くらいかかることもあります。

 

4.その他の装花

ほかにも新婦が持つブーケや贈呈用の花束など、式場を飾る装花以外にお花を使うところを紹介します。

▼ブーケ・ブートニア

新婦が持つブーケと、新郎が左胸につけるブートニア。
相場は3万円~5万円くらいで、同じお花でヘアパーツを用意することもあります。
ブーケトスをするときは、同じお花で小ぶりなものを作るケースが多く、5,000円くらいが相場です。

▼贈呈用の花束

新郎新婦が、両親に感謝の気持ちを込めて贈る記念品。
母親に花束を渡し、父親の胸ポケットにはブートニアを贈ります。
相場は、一束が5,000円~1万円くらいです。
持ち帰りやすいように、アレンジメントを用意することもあります。

▼マイク装花、グラス装花など

ゲストがスピーチをするマイク、新郎新婦が乾杯をするグラスなどの装花も。
細かなところにもお花を添えることで、会場がさらに華やかになり写真映えもします。
1箇所につき、1,000円〜3,000円くらいが相場です。







いらない装花と必要な装花の節約術

画像:ブーケを持ちスポットライトを浴びて前へ進むウエディングドレス姿の花嫁

予算重視であれこれ節約しても、実際に結婚式の日を迎えたら、思った以上に貧相だったということも。金額だけでなく、内容をしっかり考えることが大切です。

節約ポイントは、フラワーコーディネーターともよく相談しましょう。

いらない装花の節約方法

紹介してきた装花の中には、なくてもいいものやほかで代用できるものもあります。ゲストの目に触れる時間が短かったり、装花以外に注目するポイントがあったりするものは節約しやすいです。

演出方法によっては、つける必要がなくなる装花もあります。できれば、実際の写真も見せてもらいながら、節約してもいいか判断するといいでしょう。

▼チャペル装花は造花レンタルや祭壇のみで

チャペル装花は、式場によっては普段飾ってある造花をレンタルできます。
生花にするなら祭壇のみで、バージンロードのチェア装花を省く方法も。
挙式中、ゲストは新郎新婦に集中しています。
チャペルの内装や装飾の見栄えがよければ、寂しく感じることもないでしょう。

▼フラワーシャワーは花弁以外で節約

フラワーシャワーは、生花ではなく造花を持ち込みすることで節約できます。
ほかにも、シャボン玉シャワーやリボンシャワーなど、花弁以外のもので行うことも可能です。
ゲストの半分はフラワーシャワーを、もう半分はシャボン玉というように、ミックスするのもいいでしょう。

▼ウエディングケーキ・ナイフ装花は別のもので飾る

ナチュラル系のウェディングケーキなら、グリーンのみの装飾でもおしゃれ
ケーキ自体がデコラティブで、デザインに注目してもらいたいなら、装花をナシにしてもいいでしょう。

ナイフ装花は、リボンだけもありです。
ソースをかけるドリップケーキなら、ナイフもいりません。

▼ウェルカム装花はウェルカムスペースのみ

ウェルカム装花の中で一番ゲストが注目するのが、滞在時間や目に留まる時間がほかより長いウェルカムスペースです。
ほかのところは、装花があれば華やかですが、なくても気にならないでしょう。

自作や持ち込みのアイテムを飾って節約するのもありです。

▼ウェルカムスペースはウェルカムグッズだけでも十分

ウェルカムスペースは、飾り方次第で装花がなくても十分華やかに。
ウェルカムボードやイニシャルオブジェなどのグッズに、持ち込みの造花を添えるだけでも、おしゃれに飾れるでしょう。
ウェルカムアイテムにもなるプチギフトも、見栄えがいいのでおすすめです。

 

必要な装花の節約方法

装花の一番の役目は、雰囲気を盛り上げ特別感のある空間にすること。ゲストが長時間いる場所や注目されやすいところは、装花がないと寂しく見えてしまうので削りすぎないようにしましょう。

節約しつつ見栄えよくするためには、必要な場所に重点を置くことと、お花以外も使って工夫することがポイントです。

▼会場装花は主要なところのみ

披露宴会場は、ゲストが一番長くいる場所です。
その中でも、メインテーブルとゲストテーブルは、ゲストから注目され、目に付きやすい装花になります。
演出や小物への装花は一切省き、メインテーブルとゲストテーブルの装花のみに振り切るのも節約方法のひとつです。

▼メインテーブルはお任せで節約

メインテーブル装花は、ガラス瓶をいくつも並べたりグリーンを這わせたりと、工夫次第で少ないお花でも見栄えよくできます。
お花の種類も、色や雰囲気のみ伝えてお任せしましょう。
旬のお花やリーズナブルなお花を使って、ボリュームよく飾ってくれますよ。

▼ゲストテーブル装花は小物でにぎやかに

ゲストテーブル装花も、複数のガラス瓶やグリーンでボリュームを出すことが可能です。
さらに、テーブルナンバーやキャンドル、古書やアニマルオブジェなど、小物を利用することでにぎやかになります。
お花を長めに活けてもらうなど、高さを出すのもポイントです。

▼ブーケは持ち込み&造花&兼用で節約

ブーケは、ドレスに合わせてそれぞれ用意するのではなく、兼用することで節約できます。
持ち込みも節約できますが、持ち込み料金については注意が必要です。

生花だと数日で終わってしまいますが、造花ならそのままインテリアとして飾ることもできます。

▼贈呈用花束は形に残る別の記念品を

贈呈用花束は、別の記念品を用意することで代用できます。
ウェイトドールや時計、フォトフレームなどが人気です。
記念品は花束より高額になりやすいですが、ずっと飾っておけるという価値があります。
ゲストから注目されるシーンでもあるので、見栄えも忘れずに。

 

まとめ:いらない装花を節約して理想の結婚式を叶えよう

画像:ツタ性のグリーンを這わせたウェルカムスペース

結婚式の装花は、華やかさと特別感を演出するために欠かせないアイテムです。しかし、あれもこれもと注文すると、あっという間に予算オーバーになってしまいます。

装花を飾る場所はいろいろありますが、すべて必要なわけではありません。なくても大丈夫なところは削り、飾り方や見せ方での工夫や代用品を使うことで、十分節約は可能です。

限られた予算の中でも素敵な装飾ができるように、賢く節約して理想の結婚式を叶えましょう。







この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


結婚式場の選び方 - 結婚式のなかの人がおすすめする結婚式場を検索できる