結婚式を親族のみで行う時の費用は?|低予算ウエディング | 結婚式場の選び方 | 結婚式準備サイト

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

結婚資金が不足していて少人数婚を考える方や、身内だけのアットホームなパーティーを希望する方も多いです。具体的にはいくらかかるのか、もっと安くなる方法はないのかと模索している方も多いでしょう。

本記事では実際に少人数婚をプロデュースした経験をもとに、予算を抑えたウエディングの開催方法や、少人数婚で盛り上がるコツを紹介しています。

少人数婚に対応した会場は少ないので、記事を読んだ後はさっそく会場探しをしてみてください。希望に沿ったスタイルが見つかることを祈っています。

少人数ウエディングとは

顔のついたみかんの群れの写真

少人数ウエディングとは、家族婚とも呼ばれる小規模なウエディングのことです。ごく限られた人のみを招待し、パーティーを開催します。

バブル期のとにかく派手に盛大に、といった風潮は廃れゲスト中心の必要なものだけであげる結婚式というのが最近のスタイルです。

コロナ禍の影響もあり、小規模なウエディングも開催数が増えてきました。親族のみでのウエディングも珍しくありません。

費用を抑える手段としても有効なのでぜひ検討してみてください。

 

少人数ウエディングのメリット

親族のみの結婚式など少人数ウエディングのメリットとして以下が挙げられます。

  • 予算が抑えられる
  • アットホームな雰囲気になる
  • 仲が深まりやすい

まずは費用を抑えて開催できることが一番のメリットです。

結婚式の費用では衣裳代と食事代が大きな割合を占めています。人数が減れば減るだけ食事代は抑えられますから、総額も抑えられるというわけです。

また、小規模な開催になりますからアットホームな雰囲気でのパーティーが叶います。ゲストとの距離が近い、ゆったりとした時間を過ごせるでしょう。

また、距離が近いということはゲスト同士も仲良くなりやすいということです。親族のみの参加の場合、相手の親族と仲を深めるチャンスでもあります。

派手な演出はしたくない新郎新婦様にもおすすめです。

 

少人数ウエディングのデメリット

一方でデメリットとしては以下が挙げられます。

  • 質素になりがちである
  • 人数の割に自己負担が大きい
  • 選べる式場が少ない
  • 考えが古い人にはケチをつけられるかもしれない

人数のボリューム的に盛大にはなりづらく、バブル期の考えのままだと貧相に思われる可能性を否定できません。

また、少人数ウエディングは近年確立されたウエディングスタイルです。そのためすべての式場が家族婚に対応しているとは言えません。気に入った会場での開催が難しい場合もあります。

そして、人数に対して自己負担額が大きくなることもデメリットとして挙げられるでしょう。

総額は抑えられますが、自己負担額でみると思ったより安くならなかったと思う新郎新婦様は多いです。コスパという面で見て、60名での開催に切り替えた新郎新婦様もいらっしゃいました。

選べるのであれば招待人数は多い方がおすすめです。

家族婚3つのスタイルと予算感

一口に家族婚といっても、スタイルが異なれば予算感も異なります。スタイルは以下の3つです。

  • 挙式のみ
  • 披露宴のみ
  • 挙式と披露宴の両方

挙式のみ

手を取り合う新郎新婦の写真

セレモニーのみ行うスタイルで、婚姻の儀をあげるだけでいいという方におすすめします。教会でも神殿でも親族は参列できることがほとんどですから、招待することにも問題は起こらないでしょう。

ただ、挙式のみに対応している会場は少ないです。ほとんどの会場が挙式と披露宴をセットにしているので、その点は注意してください。

相場感としては以下のようになります。

  • 教会式:15万円~25万円
  • 神前式:10万円~20万円
  • 人前式:10万円~15万円
  • 仏前式:10万円~25万円

予算を抑えやすいのは人前式です。

挙式のみのいいところは、人数による金額の変動がないことでしょう。オプションを付けすぎなければ低予算でのウエディングが叶います。

挙式のみに対応している会場を探す

披露宴のみ

席札とセットされたテーブルの写真

海外などで二人きりの挙式をあげた後、身内向けに改めてパーティーを開く場合などもあるでしょう。

1.5次会などとも呼ばれます。このスタイルは参加人数によって予算感が大きく上下することが特徴です。

だいたい一人当たりにかかる費用は2万円と考えておくとよいでしょう。食事代と引出物代を合わせるとだいたいこれくらいになります。

人数が少ないと上記費用の他に、会場使用料などがかかることも多いです。10名程の参加であれば、総額は30万円以上と見積もっておくことをおすすめします。

挙式と披露宴の両方

ケーキカットする新郎新婦の写真

規模を縮小するだけで、一般的な結婚式と同じ内容で行いたいと考える方も一番多いです。この場合の費用感としては、大人数で開催するときと同様に上から下まであります。

40万円~100万円くらいで収まる方が多いですが、上限はないので盛り込めば盛り込むほど見積額は上がるでしょう。これは規模に関係なく結婚式の全般に言えることです。

挙式と披露宴のセットであれば、少人数プランとしてパック売りをしている会場もあります。少人数ウエディングに対応している会場は増えているので、ぜひ会場を探してみてください。

少人数ウエディングに対応している会場を探す







予算を抑えるポイント

予算を抑えるポイントは、派手にしすぎず必要なサービスのみのアットホームなウエディングパーティーにすることです。人数も少ないので、いろいろとイベントを盛り込むより歓談時間を確保した方がゲスト満足度も高いでしょう。

具体的には以下を参考にしてみてください。

レストランウエディングにする

セッティングされたテーブルの写真

レストランでウエディングパーティーを開催すると予算を大幅に抑えることができます。ウエディング専門の会場ではありませんので、余分なオプションを追加する心配も少ないでしょう。

挙式も行いたい場合は、宴内人前式がおすすめです。誓いの後そのままシームレスにパーティーに移行できます。

パーティー会場でゲストの方に向けて婚姻を宣言し、ゲストの方に承認してもらうスタイルです。ゲストとの距離も近くなるので、親族のみの結婚式にもおすすめのスタイルになります。

持ち込みを多くする

ガラスの花瓶とキャンドルと植物の写真

一般的なウエディングを同様に、持ち込みできるものは持ち込んだ方が総費用を抑えることが可能です。

親族のみのパーティーの場合、人材関係について持ち込みにしてもよいでしょう。親族のみの会なので、進行がグダグダになってもそれはそれで楽しむ新郎新婦様が多いです。

むしろ参加人数が少ないほど、部外者は少ない方が盛り上がりやすくなっています。司会者やカメラマンについて、親族の中から依頼してみてはいかがでしょうか。

演出を少なくする

白いかごに入った白い花びらとピンクの花びらの写真

オプションを少なくすればその分の追加費用はかかりません。憧れの演出も多いと思いますが、親族のみの少人数婚でも理想通りに事が運ぶのかよく考えてから組み込みましょう。

残念な結果になりがちなのはフラワーシャワーやブーケトスです。人数が少ないと花びらも少なくなりあっという間に終わってしまいます。ブーケトスも参加人数が少ないと、いまいち盛り上がらないこともしばしばありました。

また、ケーキ入刀のケーキについても、大きすぎると余る結果に繋がります。ケーキ入刀・ファーストバイトのセレモニーはあってもいいですが、人数に合った大きさのケーキを用意してください。

披露宴ではなく食事会にする

婚礼料理の写真

披露宴という形にしてしまうとどうしても費用がかさみます。そこで、披露宴ではなく贅沢な食事会という位置づけにすることも手の1つです。

ヘアメイクも自前で行えるくらいカジュアルな会にしてしまえば、かなり予算を抑えられるでしょう。

その際に席札ではなく、しおりを作成することもおすすめです。以下は顔合わせの際のしおり作成方法についての記事ですが、参考にしてみてはいかがでしょうか。

『顔合わせのしおり 作成ツールや内容はどうしたらいい?』
URL: https://www.kekkonshikijoerabikata.com/4703/

どうしても予算がないときには:フォトウエディング

リゾートウエディングを楽しむ新郎新婦の写真

いくら小規模な開催といえど、ウエディングというのはお金がかかります。予算的に式の開催は難しそうだが何かしたい、という新郎新婦様におすすめなのがフォトウエディングです。

フォトウエディングとは写真だけの結婚式のことを指します。思い出は形に残しつつ費用を抑えることができるので、毎年一定のカップルが採用しているウエディングスタイルです。

ロケーション撮影/スタジオ撮影、個人カメラマンなど選択肢も広いので、理想の仕上がりを追求するのもよいでしょう。

『結婚式の前撮り費用|後悔しない撮影を実現するには』
URL: https://www.kekkonshikijoerabikata.com/6032/







少人数婚で盛り上がるには?

ガーデンウエディングで盛り上がっている新郎新婦とゲストの写真

親族のみの結婚式で懸念されることといえば、盛り上がるのかどうかという点ではないでしょうか。人数別で盛り上げるコツや演出についてのアイデアを紹介していきます。

ごく親しい親族のみ(6名~15名規模)での結婚式の場合

特に何もしなくても歓談だけで過ごせる人数です。たっぷりと歓談の時間を取って、両家の仲を深めましょう。途中で席替えの時間をとってもいいかもしれません。

逆に長引くゲームなど入れてしまうと、途中でだれてしまう可能性もあります。もし組み込みたい演出があるのであれば、サクサクと進められるものがおすすめです。

親族のみ(15名~25名規模)での結婚式の場合

歓談メインで、ちょっとした演出を組み込むのがおすすめの人数になります。ケーキ入刀など会話や移動のきっかけになるような演出だとなおよいでしょう。

ゲームを組み込むのであれば、時間の読めないビンゴよりもクイズゲームなどがおすすめです。司会がプロでない場合は特に間延びした際の対応が難しいので、スムーズに進みそうなものにしてみてください。

親族と親しい友人のみ(25名~40名規模)での結婚式の場合

大人数でのパーティーと同様に準備して問題ありません。これくらいの人数がいると盛り上がりに欠けることは少ないです。

演出についても特に注意事項はありませんが、人数が少なめであることに留意して工夫をするとなおよいでしょう。フラワーシャワーは一人当たりの花びらを多めにするなどがおすすめです。

費用を抑えてウエディング

新婦にダイヤの指輪のバルーンを片膝ついて差し出す新郎の写真

親族のみの結婚式について紹介しました。家族婚というスタイルも確立されつつあり、これから広まっていくことでしょう。

ただ、参加人数が少なくても意外とお金がかかるので賢く節約してみてください。規模が小さい分、質にこだわりたい新郎新婦様も多いです。

フォトウエディングという選択肢もありますし、お二人の希望に沿ったウエディングが開催できることを祈っています。







この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


結婚式場の選び方 - 結婚式のなかの人がおすすめする結婚式場を検索できる