会費制結婚式にお呼ばれされたれら|会費はご祝儀袋に入れるの? | 結婚式場の選び方 | 結婚式準備サイト

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

「会費制の結婚式ってご祝儀服は必要なの?」
「会費はどのように支払うの?」

といった疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか。会費制結婚式とは、ご祝儀の代わりにゲストに一定の会費の支払いをお願いする形式の結婚式です。

会費制の結婚式が初めてであれば、疑問や不安に思うこともたくさんありますよね。本記事では、そんな会費制結婚式について、特徴や服装のマナー、会費とご祝儀の違いなどを解説します。

会費制結婚式への参加が初めての方、不安なことがあるという方はぜひチェックしてくださいね。

会費制結婚式とは何か

画像:新婦側の受付を済ませるゲスト

会費制とは、ゲストにご祝儀をいただく結婚式とは異なり、ご祝儀の代わりに一定の会費の支払いをしてもらうスタイルの結婚式です。北海道では会費制が一般的な結婚式のスタイルですが、それ以外の地域では馴染みがないという方も多いでしょう。

ここでは、まず会費制結婚式とはどのようなものかをご紹介します。

会費制結婚式の特徴

会費制の結婚式では会費の支払いがあるため、ご祝儀の準備が必要ありません。ご祝儀袋の準備の手間が減らせるのはありがたい、という方も多いのではないでしょうか。

また、会費制ではご祝儀を受け取らないため、引き出物を準備していないのが一般的です。会費の金額によってはご祝儀を用意している場合もありますが、ご祝儀のある結婚式よりは量が少ないことが多いでしょう。

 

なぜ会費制の結婚式が選ばれるのか

会費制の場合の、会費の平均金額は、1万円〜2万円程度といわれています。ご祝儀であれば、友人の間柄であっても最低3万円を包むのが一般的であるため、ゲストの負担額を減らせるのがメリットです。

新郎新婦にとっても、会費制は予算を予想しやすく、自分たちにあった挙式プランを立てやすくなります。カジュアルでラフな式を行いたい、というカップルには特に人気です。

 

会費制結婚式に見られるパターン

会費制は、フォーマルな結婚式よりもカジュアルな雰囲気の結婚式に取り入れられることが多いです。もちろんカジュアルでなければいけない、ということはありません。

しかしラフで敷居が低い、というイメージがあるため、ゲストに気軽に参加して欲しいという人に選ばれやすいです。それでは、それぞれのスタイルについて詳しく見ていきましょう。

▼挙式と披露宴を行う

一般的な結婚式のイメージとしてよく挙げられる、定番のスタイルです。会費制では、チャペルでの厳かな式よりも、ゲストに結婚を承認してもらう宴内人前式などを選ぶカップルが多いのが特徴。格式の高さよりも、ゲストと一緒に執り行うカジュアルなものが選ばれる傾向にあります。

▼1.5次会(お披露目会)

海外など、すでに挙式を行ったあとのお披露目の場として、1.5次会などで会費制を取り入れるケースもあります。リゾート挙式や親族のみでの神前式など、招待できなかった友人と気楽に楽しめる場として、会費制が人気です。

▼友人のみの結婚式

気心の知れた友人のみを招待したラフなパーティーをイメージする新郎新婦にも、会費制は選ばれやすいです。ゲストを招待しておもてなしするというよりは、友人達と一緒にワイワイ楽しみたい、というイメージに合いやすいでしょう。

▼親族のみの結婚式

親族のみを招待した少人数での結婚式でも、会費制が取り入れられます。親族の場合は友人よりも高額なご祝儀を用意する場合が多いため、親族の負担をなるべく減らしたいという方にも人気です。あまり格式にこだわる親族がいない、という方には、気軽に楽しみやすいのが魅力的といえます。

▼二次会(アフターパーティー)

1.5次会よりもさらに少し砕けたラフなパーティーである二次会では、会費制が主流です。挙式は別で行っている場合などのアフターパーティーとして取り入れるカップルも多いでしょう。参加人数がある程度わかれば予算がイメージできるので、費用の管理がしやすいのがうれしいですね。

 

会費制結婚式での服装マナー

画像:ブラックのパーティードレスとパーティバッグやアクセサリー

会費制の結婚式では、服装もカジュアルで自由度が高い場合が多いです。

式やパーティー自体がカジュアルな雰囲気であることが多いため、服装もそれに合わせたものとなります。招待状などに、平服などの記載がある場合もあるため、しっかり確認しておくと安心です。

ただし、結婚式に招待されていることには代わりありません。Tシャツやジーンズなどのカジュアルすぎる洋服は避け、新郎新婦に失礼のない程度の服装を準備しておきましょう。







会費とご祝儀の違い

画像:鶴が象られたご祝儀袋

会費制の結婚式では、ご祝儀ではなく新郎新婦が指定した金額の会費を用意します。金額は結婚式によって異なりますが、ご祝儀の準備は必要ありません。

会費は受け渡しがスムーズに行えるよう、お釣りが出ないよう用意しておくのがマナーです。

会費はご祝儀袋に包むの?

会費はご祝儀袋に包まず、現金を直接受付に手渡しするのが一般的です。

会費制の結婚式では、新郎新郎が会費の金額を設定しているため、受付担当が金額に誤りがないかの確認を行います。ご祝儀袋などに包んでしまうと、袋からわざわざ出す手間がかかるため、余分な時間がかかってしまうのです。

現金は包みたくなってしまいがちですが、スムーズな受付対応のためにも、そのままぴったりの金額を用意しましょう。

 

会費とは別にご祝儀は必要か

会費制結婚式の相場は、1万円〜2万円ほどが一般的です。新郎新婦が用意する結婚式の規模によって金額は異なりますが、基本的には別途ご祝儀を用意する必要はありません。

ただし、お祝いの気持ちとして会費とは別にご祝儀を用意するのは個人の自由です。

その場合には、通常通りのご祝儀袋を使用し、会費とは合算せずに用意します。当日は受付で会費以外を預かれないこともあるので、できれば別日に渡すのがおすすめです。

 

お祝いはプレゼントもおすすめ

会費制結婚式でのお祝いは、ご祝儀だけでなくプレゼントを選ぶのも喜ばれるでしょう。価格帯は1万円〜2万円ほどが相場といわれており、新郎新婦の好みに合わせたものや、新生活で使えるものなどが人気です。

結婚式当日は新郎新婦が忙しく、荷物にもなってしまうため、なるべく別日に直接や郵送で贈るのが良いでしょう。

 

まとめ:会費制結婚式もマナーよく出席しよう

画像:腕を組む新郎とベールをかぶった新婦

会費制の結婚式では、基本的にご祝儀袋は使用せず、そのまま受付で決まった会費を支払います。ご祝儀制の結婚式に比べると少しカジュアルな雰囲気の式が多いのが特徴です。

会費以外にお祝いを渡したい場合には、ご祝儀や別のプレゼントを用意してもOKですが、できるだけ別日に渡すのが良いでしょう。

ご祝儀性であっての会費制であっても、新郎新婦の結婚を祝う大切な場であるということにはかわりありません。最低限のマナーを守り、新郎新婦もゲストも楽しめる結婚式にしたいですね。







この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


結婚式場の選び方 - 結婚式のなかの人がおすすめする結婚式場を検索できる