【結婚式と披露宴の違い】スタイル別の特徴や流れを詳しく解説 | 結婚式場の選び方 | 結婚式準備サイト

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

結婚式という言葉はもちろん知っているけど、結婚式と披露宴の違いがよく分からないと思ったことはありませんか?

なんとなくイメージはできても、具体的な違いやスタイルの特徴までは分からないという人も多いはず。

せっかく結婚式をあげるなら、披露宴との違いや特徴は理解しておきたいですよね。

「結婚式と披露宴の違いって何?」
「挙式や披露宴のスタイルが知りたい」
「結婚式の1日の流れが知りたい」

この記事では、このようなお悩みに元ウェディングプランナーがお答えしていきます。

結婚式と披露宴の違いやスタイル別の特徴などを詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

結婚式と披露宴の違いを知って、自分たちに合う挙式スタイルを見つけましょう!

結婚式と披露宴の違いとは?

画像:ビーチにセッティングされたバージンロードと祭壇

  • 結婚式:夫婦となるための「セレモニー」
  • 披露宴:夫婦になったことをゲストへお披露目する「パーティー」

結婚式とは、2人が結婚の誓いを立てる儀式のこと。

一般的に「結婚式=挙式」とも呼ばれ、同じ意味で使われることが多いです。

結婚式の進行も、指輪の交換や誓いのキスなど、2人が夫婦となるための内容で構成されています。

一方で披露宴は、2人が結婚し夫婦となったことをゲストへお披露目するパーティーのこと。

人生の節目としてお世話になっている人を招待し、感謝を伝えられる場でもあります。

披露宴の進行は、お料理や引出物などゲストへおもてなしする内容と、ケーキ入刀などの演出で構成されています。

 

基本の挙式スタイル4選

画像:純白のチャペルで腕を組む新郎新婦

2人が夫婦の誓いを立てる挙式には、4つのスタイルがあります。

主に「誰に対して誓いを立てるか」という違いがあり、自分たちに合うスタイルを選んで決めることが大切です。

ここでは、4つの挙式スタイルについてご紹介していきます。

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.教会式(キリスト教式)

教会式とは、結婚式場のチャペルや街の教会で、キリストに対して結婚の誓いを立てる挙式スタイルのこと。

結婚式の進行は牧師(神父)が行い、バージンロードを歩いたり、ベールダウンをしたり、王道でロマンチックな演出が特徴です。

花嫁なら誰もが憧れるウェディングドレスを着て、王道な挙式が叶います。

 

2.神前式

神前式とは、神社やホテルの神殿で行い、日本の神様に対して結婚の誓いを立てる挙式スタイルのこと。

宮司(神主)が取り仕切り、親族同士の繋がりを感じられる「親族固めの杯」や、新郎新婦がお酒を飲み交わす「三々九度」という演出が特徴です。

花嫁の象徴である美しい白無垢を着て、日本古来の挙式が叶います。

 

3.仏前式

仏前式とは、お寺や自宅の仏壇の前で行い、先祖に対して結婚の報告をする挙式スタイルのこと。

司婚者(僧侶)が取り仕切り、新郎新婦へ数珠を授ける「念珠授与」という仏教の教えらしい演出が特徴です。

仏教の教えでは、一度現世で結婚を誓うと来世でも結ばれるといわれており、厳かで日本らしい意味の込められた挙式が叶います。

 

4.人前式

人前式とは、チャペルやガーデンなど挙式会場に決まりがなく、ゲストに結婚の承認者となってもらう挙式スタイルのこと。

司会者が進行し、宗教的な決まり事がないので誓いの言葉や結婚証明書など2人のオリジナリティ溢れる演出が特徴です。

チャペル内で和装を着て挙式することもでき、2人の個性を存分に生かした挙式が叶います。







結婚式と披露宴のスタイル7選

画像:フラワーシャワーで祝福される新郎新婦

結婚式と披露宴にはいくつかスタイルがあり、新郎新婦に合わせて自分らしいスタイルを選ぶことができます。

ここでは、結婚式と披露宴のスタイルについてご紹介していきます。

それぞれ詳しくみていきましょう。

挙式と披露宴

挙式をした後にそのまま披露宴を行う、最も一般的な結婚式のスタイル

家族や友人、職場の上司など30名〜100名以上のゲストを招待して、料理でおもてなししたり、ケーキ入刀などの演出を行ったりします。

こんな人におすすめ
・ゲストと一緒に思い出を作りたい
・今までの感謝を伝えたい
 
 

親族のみの少人数婚(会食)

挙式も披露宴も親族のみで行う、少人数の結婚式スタイル。

親族や本当に親しい友人だけを招待するので、アットホームな雰囲気で過ごせるのが魅力です。

こんな人におすすめ
・人前で盛大に披露宴をするのは苦手……
・小さなウェディングで丁寧におもてなししたい
 

また、挙式の後に少人数の披露宴でなくても、料理や歓談をメインにした会食(食事会)を行うこともできます。

予算を抑えてカジュアルに過ごしたい新郎新婦なら、あえて会食を選ぶのも良いでしょう。

少人数婚ができる結婚式場を探す|結婚式場の選び方
URL:https://www.kekkonshikijoerabikata.com/introduction_tag/
 
 

挙式のみ

結婚式では、披露宴や会食を必ず行わなければならない、という決まりはありません。

夫婦の誓いを立てたり、ケジメをつけたりする意味で、挙式だけを行うスタイルもあります。

挙式のみといっても、家族に見守ってもらう、2人だけで行うなど、新郎新婦の意向に合わせてスタイルを決めることができます。

こんな人におすすめ
・費用を抑えたい
・夫婦としてのケジメをつけたい
 
 

披露宴のみ

挙式は行わず、披露宴のみ行うスタイルもあります。

披露宴のみといっても、宴内人前式という形で、誓いの言葉や指輪の交換などを取り入れることも可能です。

披露宴で簡単な挙式演出を行い、アットホームにゲストと過ごせるのが魅力。

こんな人におすすめ
・挙式のかしこまった誓いは自分たちらしくない
・披露宴でゲストとワイワイ過ごしたい
 
 

1.5次会

1.5次会とは、披露宴ほど盛大な雰囲気ではなく、2次会ほどカジュアルになりすぎないスタイル。

式場ではなくレストランやカフェを貸し切って行うので、ゲストと気兼ねなく過ごせるのが魅力です。

また、ご祝儀ではなく、会費制で行うのも1.5次会ならではのポイント。

会費制にする代わりに料理をビュッフェにしたり、引出物の品数を減らしたりして、コンパクトなウェディングを実現できます。

こんな人におすすめ
・友人たちと気兼ねなく過ごしたい
・金銭的な負担をかけたくない
 
1.5次会ができる結婚式場を探す|結婚式場の探し方
URL:https://www.kekkonshikijoerabikata.com/introduction_tag/
 
 

二部制ウェディング

ゲストを分けて行う、二部制のウェディングスタイル。

▼二部制ウェディングの例

  • 挙式→披露宴 (親族)→披露宴 (友人ゲスト)

同じ日に二部制で開催するケースや、別日で開催するケースもあり、2人のやりたいことや理想に合わせて選択できるのが魅力です。

披露宴を2回やるので、通常の結婚式よりも費用はかかりますが、その分後悔のない結婚式が叶えられるでしょう。

こんな人におすすめ
・呼びたいゲストを制限したくない
・コンセプトの異なるウェディングを楽しみたい
 
 

フォトウェディング

挙式でも披露宴でもなく、結婚したことを写真で残すフォトウェディングというスタイル。

一生に一度の花嫁姿を、大きなコストをかけずに残せるのが魅力です。

最近ではフォトウェディングの需要も高まり、新郎新婦の個性があるフォトウェディングを叶えられます。

▼フォトウェディングのアイデア

  • スタジオ撮影
  • 式場でのフォトウェディング
  • ロケーション撮影
  • リゾート撮影
  • 街中フォト
こんな人におすすめ
・ハネムーンと一緒にウェディングフォトを撮りたい
・結婚式には興味がないけど写真は残したい
 

フォトウエディングについては以下の記事でも詳しく解説しています。

『プロカメラマンが撮るウエディングフォトとは|どこで撮るの? 相場は?』
URL: https://www.kekkonshikijoerabikata.com/8111/
 







結婚式+披露宴の1日の流れ

画像:ファーストダンスを踊る花嫁と花婿

ここからは、一般的な結婚式と披露宴の1日の流れについて詳しくご紹介していきます。

挙式

▼一般的な挙式の流れ(教会式の場合)

新郎入場 1人で入場
新婦入場 父と一緒に
ベールダウン 母がベールダウンを行う
賛美歌斉唱 賛美歌を歌うことは神様への敬意を表す意味が込められている
聖書朗読 牧師が愛についての聖書を朗読する
誓約 牧師が新郎新婦に問いかけ、2人は「誓います」と答える
指輪の交換 「愛と誠実の印」となる指輪を交換する
ベールアップ 誓いのキスを行う
『結婚式で誓いのキスをしたくない時の演出アイデア』
結婚証明書の署名 オリジナルの結婚証明書を用意してもOK
結婚宣言 神様とゲストの前で結婚を誓った2人が、夫婦であることを宣言する
新郎新婦退場 バージンロードを2人で退場する
 
 

アフターセレモニー

▼一般的なアフターセレモニーの流れ

フラワーシャワー 退場する新郎新婦を花びらで祝福する
2人を花の香りで浄めたり、邪気を払う意味が込められている
ブーケトス ブーケ以外にも様々な演出が可能
『ブーケトスの代わりになる面白い演出19選』
新郎トス ブロッコリーや個性的なアイテムのトス
集合写真 ゲスト全員と集合者写真を撮影
バルーンリリース バルーンをゲストに配って空にリリースする
 
 

披露宴(会食)

▼一般的な披露宴の流れ

新郎新婦入場 会場によってはガーデンや階段からの入場も可能
ウェルカムスピーチ 新郎が行う
祝辞・乾杯 職場の上司や恩師など
最近ではお子様が乾杯の発声をすることもある
友人スピーチ 新郎側・新婦側それぞれ行う
ケーキ入刀 オリジナルデザインのケーキを用意
中座 それぞれエスコート役をつけて別々に中座する
プロフィールムービー 2人の生い立ちを映像にして上映
お色直し入場 お色直しをして再入場する
テーブルラウンド ゲストと会話できる演出を取り入れると良い
余興・演出 最近では余興のない結婚式も多い
サプライズや歓談の時間を取ることも◎
手紙朗読 新婦から感謝の手紙を朗読する
記念品贈呈 両親への記念品を贈呈
花束や子育て感謝状などが人気
両家代表謝辞 両家を代表して新郎の父が挨拶をする
新郎謝辞 新郎がゲストへ感謝の挨拶をする
新郎新婦退場 2人で退場する
エンドロール 当日撮影した映像を披露宴の最後に上映するダイジェストムービー
ゲストお見送り 両家で並んでゲストをお見送りする
プチギフトを渡す
 
 

まとめ:結婚式と披露宴の違いを理解して自分たちに合うスタイルを見つけよう!

画像:手を繋ぐ花嫁と花婿の後ろ姿

いかがでしたか?

今回は、結婚式と披露宴の違いやスタイル別の特徴などを、詳しくご紹介していきました。

結婚式は結婚を誓うセレモニーのことで、披露宴は結婚を披露するパーティーのことを指します。

この2つには儀式とパーティーという違いがありますね。

また、結婚式にも披露宴にもいくつかスタイルがあり、自分たちにあったスタイルを選ぶことがとても大切です。

この記事でご紹介した、それぞれの特徴や1日の流れを参考にして、ぜひ自分たちらしい結婚式を見つけてみてくださいね。







この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


結婚式場の選び方 - 結婚式のなかの人がおすすめする結婚式場を検索できる