ご祝儀袋はどこで買える? 新郎新婦に見直される選び方 | 結婚式場の選び方 | プレ花嫁準備サイト

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

せっかくのお祝いだから、ご祝儀袋にもこだわりたいという方は多いでしょう。買えるお店毎に取り扱っているデザインに特徴があるので、買いたいデザインや状況に応じて購入場所を選ぶのがおすすめです。

本記事では新郎新婦様にいいなと思ってもらえる、マナーを抑えたご祝儀袋の買い方を紹介しています。買った後の準備方法についても紹介しているので、当日まで安心して過ごすことができるでしょう。

相手や状況に応じてどこで買ったらいいのかが分かったら、さっそく売り場に向かいぴったりな1枚を探してみてください。本記事を読めばオンリーワンでスマートなお祝いができます。

ご祝儀袋を売っているお店は?

ご祝儀袋は身近なお店でも売っています。文房具店、百貨店、スーパー、コンビニ、雑貨店、ECサイト、100均などで見つかるでしょう。

それぞれで買えるご祝儀袋に特徴があり、どんなご祝儀袋にするか、誰に贈るのか、時間的な余裕はあるのかに合わせて使い分けるのがおすすめです。

無難なデザインがいい こだわりたい
友人向け 文房具店
百貨店
スーパー
コンビニ
雑貨店
ECサイト
100均
文房具店
百貨店
雑貨店
ECサイト
100均
目上の人向け 文房具店
百貨店
スーパー
コンビニ
雑貨店
ECサイト
文房具店
百貨店
雑貨店
ECサイト

文房具店、百貨店

文房具売り場のイメージ

文房具店、百貨店の特徴はご祝儀袋のデザインが豊富にあることです。他の人と被らないオンリーワンなものが見つかるでしょう。

また、店員さんに疑問点を聞くことができるのも特徴です。包む金額や間柄に合わせて相談に乗ってくれます。

間違いが起こりにくいので、ご祝儀袋選びに自信のない方やおしゃれなものにしたい人は文房具店、百貨店での購入がおすすめです。

一方でお店まで買いに行く手間があるので、時間に余裕がある人向きのお店とも言えます。

 

スーパー、コンビニ

スーパーの店内イメージ

スーパー、コンビニの特徴は手軽さです。店舗が近くにあり、買い物のついでに買うことができます。

オーソドックスなタイプしか売っていないことがほとんどですが、無難なものを選びたい方や時間がない方におすすめです。間違って婚礼用でないものを買わないようにだけ注意しましょう。

 

雑貨店

雑貨店の店内イメージ

雑貨店の特徴は取り扱いデザインの豊富さです。また、駅に店舗があることが多いので仕事帰りに立ち寄りやすいのも特徴になります。Loft で購入する人が多いようです。

逆に多すぎて迷ったり、間違えて購入する危険はあるのでその点には注意しましょう。オンリーワンなデザインにしたい、ご祝儀袋のイメージが固まっている、忙しいという人におすすめします。

 

ECサイト

おもちゃのカートと電卓、キーボード

ネットショップの特徴は豊富な選択肢と買いに行く手間がないことです。実店舗ではお目にかかれないような変わり種のデザインも見つかるでしょう。

ただし送料と合わせて割高になってしまったり、実物を見て選べない点には注意が必要です。口コミなども参考に選んでみてください。

じっくり選びたい方、目立つデザインにしたい方におすすめです。届くまで時間がかかるので、結婚式まで余裕のある時に活用しましょう。

 

100均

100均の店内イメージ

100均の特徴はコストの安さと意外に多いデザインです。手軽に凝ったデザインのものが手に入ります。

ただ、他のご祝儀袋と比べて安っぽさが出てしまうこと、中身の金額とのし袋の金額を釣り合わせることに注意が必要です。

なるべくコストをかけたくない方や、気心知れた友人に渡す際に利用しましょう。

 

結婚式用のご祝儀袋の見分け方

3つの豪華なご祝儀袋

ご祝儀袋売り場にいくと、婚礼用の他にも出産祝い用や入学祝ののし袋も売られています。間違えて婚礼用でないものを使ってしまうと失礼になりますので、婚礼用のものを購入してください。

婚礼用であると表記されているものが安全ですが、見分ける際のポイントは以下です。

  1. のしが付いている
  2. 水引が解けないデザインのもの
  3. 水引の色が明るい

1.のしが付いている

のしはフォーマルな贈答の場で使用されるもので、もともとはのして干したあわびでした。贈り物に添えることがマナーですので、ご祝儀袋に関してものしが付いているものを選びましょう。

 

2.水引が解けないデザインのもの

水引のデザインは結び切りかあわじ結びのものを選んでください。解いて結び直せる蝶結びは、何度あってもいい祝い事に使われるので、婚礼には向きません。

また本数で見分けることも可能です。祝い事では5本の水引がよく使用されますが、婚礼では10本の水引が使用されます。

 

3.水引の色が明るい

暗い色合いは弔事用ののし袋に使われるので、明るい色合いのものがよいでしょう。赤白や金銀が一般的です。

落ち着いたシックなデザインもかっこいいですが、金色も入っているなど華やかさもあるものがよいでしょう。







【贈る相手別】ご祝儀袋の選び方

婚礼用のご祝儀袋の中から、相手に合わせてぴったりなデザインのものを購入しましょう。フォーマルに無難なものにするのか、カジュアルダウンして自由に選ぶのかで選択肢は変わってきます。

以下も参考にとっておきの1枚を見つけましょう。

表書き
友人向け 白、色付き、柄付き
寿
御結婚御祝
happy wedding
ご結婚おめでとうございます
目上の人向け
寿
御結婚御祝
 

包む金額とご祝儀袋の価格は比例する

中に包む金額とのし袋の豪華さは比例させるのがマナーです。目安としては包む金額の1/100 の価格のご祝儀袋を使用しましょう。

包む金額 ご祝儀袋の見た目(イメージ)
1万円 水引、のしが印刷されている
3万円 水引がかかっている、素材が和紙ではない
5万円 水引が立体的、見た目が華やか、和紙を使っている
10万円 水引が立派で豪華、少し大きい、いい和紙を贅沢に使っている
 

▼1万円を包む時のイメージ

 

▼3万円を包む時のイメージ

 

▼5万円を包む時のイメージ

 

▼10万円を包む時のイメージ

見た目だけでも豪華に、と鶴を象った水引のご祝儀袋に1万円を包むなんてことはしないでください。相場より多く包む場合に100均でご祝儀袋を買うことも控えた方がよいでしょう。

 

色は白が基本

白色のご祝儀袋が基本となります。マナーが不安な時や目上の方には白いものを選びましょう。

友人や親族などカジュアルな間柄であれば、色や柄がついたおしゃれなご祝儀袋でも大丈夫です。最近は手ぬぐいご祝儀袋というものもあります。

 

短冊の文字は「壽」

表書きが印刷されている場合は、「壽」を選ぶのが一番安全です。他にも「寿」や「御結婚御祝」などもあります。字数が奇数になっているものを選びましょう。

色や柄が入っているものだと「happy wedding」「ご結婚おめでとうございます」と書かれていることもあります。フォーマルな場にはそぐいませんが、カジュアルに渡せる場合には問題ありません。

何も書かれていない場合は自分で書く必要があります。印刷されているかどうか、短冊の予備が入っているかどうかで選ぶのも手のひとつです。







お祝いの準備を完璧にしよう

婚礼用のご祝儀袋と筆ペン

ご祝儀袋を買えば、それで準備が完了するわけではありません。渡せる状態になるまで早めに準備しましょう。

必要なもの

ご祝儀袋を用意したら、他に必要なものは以下です。

  • 毛筆・筆ペン
  • 袱紗
  • 新札

袱紗を持っていなかったら、ご祝儀袋と一緒に購入しましょう。金封を持ち歩くのに必要ですので、使う機会が今後もあります。

お祝いは新札の状態で渡してください。これは結婚式を楽しみにしていた、二人の新しい門出を祝うといった意味を表すからです。

そして表書きは必ず筆で書きます。百貨店など大きい店舗であれば筆耕のサービスがあることもあるので、不安な方はチェックしてから買いに行きましょう。

 

書き方

表には「壽」と自分の名前、中袋には金額と住所・氏名を書きます。短冊に新郎新婦名を書いてしまう人が一定数いますが、表に書くのは自分の名前ですので気を付けてください。

詳しくは以下の記事で紹介していますので、参考になれば幸いです。

『【完全版】ご祝儀のマナー 書き方も入れ方も渡し方もバッチリ』
URL: https://www.kekkonshikijoerabikata.com/6540/
 

こだわりのご祝儀袋でお祝いしよう

4つの重なった婚礼用のご祝儀袋

ご祝儀袋がどこで買えるのか、どんなデザインのものを買えばいいのか紹介しました。贈る相手や贈りたいコンセプトなどを元に選んでみてください。

友人向けであれば比較的決まり事を気にせずデザインを選べるので、ご祝儀袋探しも楽しめるでしょう。婚礼用であり、新郎新婦様にセンスあるなと思われる、とっておきの1枚が見つかることを祈っています。

▼選び方まとめ

どこで買えるか 表書き
友人向け 文房具店
百貨店
スーパー
コンビニ
雑貨店
ECサイト
100均
白、色付き、柄付き
寿
御結婚御祝
happy wedding
ご結婚おめでとうございます
目上の人向け 文房具店
百貨店
スーパー
コンビニ
雑貨店
ECサイト

寿
御結婚御祝







この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


結婚式場の選び方 - プレ花嫁準備サイト

  • facebook
  • x