親族の服装って何が正解?|結婚式に合わせた格好をしよう | 結婚式場の選び方 | プレ花嫁準備サイト

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

親族として結婚式に参加するとき、服装は友人の結婚式に参加したときと同じでいいのかなと疑問に思っていませんか。親族には親族の服装マナーがあるので、コーディネートは変えた方が無難です。

本記事では元ウエディングプランナーが親族の結婚式の服装について解説しています。注意するポイントと何を着たらいいのかを紹介しているので、参考になれば幸いです。

少人数婚や海外挙式といった、親族だからこそ参加機会のある結婚式についても書いています。親族の服装については本記事を読めばバッチリです。

親族の服装はゲストと同じでいい?

ドレスを着て遠くを見やる女性の写真

結婚式での親族の立場は招待側です。そのためゲストより格上の服装でおもてなしすることを意識します。

友人ゲスト気分で参加すると、周りから浮いてしまう可能性も低くありません。できれば出席する親族とも連絡し、バランスを取りましょう。平服指定の結婚式であってもフォーマル寄りの服装がおすすめです。

目安は正礼装~準礼装

親族の服装の目安は正礼装~準礼装ですが、誰でも正礼装をすればいいというわけでもありません。新郎新婦様に近い立場の人が正礼装をし、他の人は正礼装に近い準礼装をすることを意識しましょう。

正礼装をするのは主に母親と父親です。他にはおばや祖父母、兄弟姉妹が正礼装をすることもあります。

ただ、おばや兄弟姉妹はお揃いにするために着るというパターンが多くなっています。祖父母についても無理なく着て過ごせる服装を第一に考えましょう。

 

両家で揃える

洋装・和装を両家で揃えるかどうかは新郎新婦様の好みや、両家での意見によって異なります。バラバラでも構いませんが、格を揃えるという点だけは必ず守ってください。

新婦の母親が正礼装なら新郎の母親も正礼装です。おばも含めて正礼装をするのであれば両家ともそうした方がよいでしょう。

親族の集合写真を撮る式場も多いので、写真写りのバランスを意識するのがおすすめです。

 

自分は何を着ればいいのか

新郎と手を繋ぐ正装の父母の写真

立場別で何を着たらいいのか解説していきます。新郎新婦様に近いほど正礼装、という基本が分かっていれば大きく外すことはないでしょう。

着物を着る場合は以下の記事が参考になります。

『結婚式に着物で呼ばれた時のマナー|いとこは何を着る?』
URL: https://www.kekkonshikijoerabikata.com/6937/

新郎新婦様の父親は正礼装をします。

洋装 モーニング(昼)、タキシード(夜)
和装 黒の五つ紋付き袴

洋装の場合、昼の結婚式はモーニング、夜の結婚式はタキシードを着るのが一般的です。ただ、日本では時間帯によるドレスコードの区別がはっきりしていません。夜でもモーニングを着用して大きな問題になることはないでしょう。

 

新郎新婦様の母親も正礼装です。

洋装 アフタヌーンドレス(昼)、イブニングドレス(夜)
和装 黒留袖

昔は結婚式での母親の服装といえば黒留袖でしたが、今はそうでもありません。アフタヌーンドレスでも過ごせます。

夜の正礼装であるイブニングドレスですが、肌の露出を多くして華やかに装うのがマナーです。ただ、日本人は露出に抵抗のある方が多いため上にジャケットなどを羽織るスタイルか黒留袖をおすすめします。

母親向けのドレスレンタルはコチラ[Cariru]

 

おば

おばの立場では準礼装が基本です。

洋装 セミアフタヌーンドレス(昼)、カクテルドレス(夜)
和装 色留袖、訪問着、黒留袖

洋装・和装共に準礼装を目安に用意しましょう。ただ、ゲストよりはフォーマルな装いを意識するのがコツです。ドレスは袖があるものを選んだり、ショールではなくジャケットを羽織ったりするとフォーマル感を出せます。

また、母親・おば共に黒留袖で統一するという結婚式もありました。最近ではあまり見かけませんが、やる場合は事前に連絡を取り合いましょう。

そして黒留袖を着る際に気を付けたいのが、母親より格上にならないようにするということです。新郎新婦様に近い人物が格の高い装いをするので、母親が色留袖でおばが黒留袖を着るというようなことがないように気を付けてください。

おば向けのドレスレンタルはコチラ[Cariru]

 

従姉妹

従姉妹の服装も準礼装が基本です。

洋装 セミアフタヌーンドレス(昼)、カクテルドレス(夜)
和装 色留袖、訪問着、振袖(未婚)

いとこともなるとあまり気にせず、準礼装でも問題ありません。ただ振袖は未婚の若い内のみ着用可能ですので、その点には気を付けましょう。

振袖の参加者がいると場が華やぎますので、なるべく着ていくのがおすすめです。

従姉妹向けのドレスレンタルはコチラ[Cariru]

 

子ども

制服がある場合は制服が礼服となります。または子ども用のドレスやタキシードをレンタルしてもよいでしょう。

できる範囲でドレスアップをして結婚式に臨んでください。

子ども向けの衣裳レンタルはコチラ[Cariru]

 

祖父母

あまり服装の格には囚われず、動きやすくてきちんと感のある服装でも構いません。本人が安全に結婚式を楽しめることが第一です。

コサージュなどの小物を付けるだけでも場に華を添えることができるでしょう。

 

その他男性陣

従兄弟やおじはブラックスーツが基本となります。友人ゲストとの差を付けるためにアクセサリー類にこだわってみるのもおすすめです。

男性の服装については以下の記事が参考になります。

『差が付く結婚式での服装|男性のスーツを基本から解説』
URL: https://www.kekkonshikijoerabikata.com/6687/

男性向けのスーツレンタルはコチラ[Cariru]







少人数婚の場合はどうするか

お揃いのドレスを着た幼い姉妹と黄色いドレスの写真

親族だけを呼んだ家族婚や、身内と親しい友人だけを招いた少人数婚を開催する新郎新婦様も多くなってきました。ごく親しい人のみ招待しているときの服装はどうすればよいのでしょうか。

新郎新婦様に意向を確認するのが第一ですが、大抵の場合カジュアル~フォーマルくらいであることが多いです。大人数の結婚式に比べ、肩肘を張らなくてよいでしょう。

会場がレストランの場合

レストランウエディングの場合はカジュアルなパーティーである可能性が高いです。そのため略礼装を目安に装いましょう。きれい目なワンピースや落ち着いたスーツが当てはまります。

レストランを選んでいる時点でカジュアルな、交流メインのパーティーを新郎新婦様は望んでいるでしょう。積極的に新郎新婦様に話しかけに行ってみてください。

 

結婚式場の場合

結婚式場の場合はフォーマルなパーティーである可能性が高いです。服装もフォーマルを意識しましょう。新郎新婦様から指定があればそれに従ってください。

招待状からテーマを汲み取れた場合は、モチーフをコーデに組み込んでみても喜ばれます。しっかりめの会場を選んではいますが、少人数婚であることに変わりはありません。限られた招待客として新郎新婦様との時間を楽しんでください。

 

海外挙式の場合はどうするか

ビーチにセッティングされた屋外挙式会場の写真

海外で挙式をあげる場合、大人数は呼べませんから親族とごく親しい一部の友人だけ呼ぶパターンが多いです。では、少人数婚と同じようにカジュアルめに装っていいのかというと、そうとも限りません。

海外挙式、特にハワイなどのビーチリゾートの場合は南国らしい現地の正装が求められることがあります。ただ、その場合は事前に新郎新婦様から連絡があるはずなので案内を確認しましょう。

事前に確認

大抵の場合は招待状に書き添えてあります。または、事前に口頭で伝えられていることもあるかもしれません。

どんな服装をすればいいのか分かっていれば、当日のアクセサリーや髪型も決めやすいでしょう。海外挙式の場合は荷造りも必要ですから、何が必要かは早めに知っておきたいところです。

国内挙式に比べて手間も多いので新郎新婦様と、また招待された親族間でも綿密に連絡をとり合うことをおすすめします。

衣裳について日本で用意できる場合もあれば、現地で買ったりレンタルするなどパターンは一つではありません。気になることがあればすぐに確認しましょう。

 

現地調達も

エキゾチックな雰囲気や、日本ではなかなか合うアクセサリーがない場合、現地で買ってしまった方が早いこともあります。ハワイなど観光産業が発達しているエリアであれば、お土産店などで安くアクセサリーも手に入るでしょう。

海外挙式の場合はいかにマナーを守るかより、いかに新郎新婦様が望むような形でお祝いができるかどうかが重要です。ちぐはぐな高級アクセサリーより場に合った安価なアクセサリーの方が喜ばれます。

海外旅行では盗難のリスクもありますので、現地調達は割とおすすめです。挙式前に観光の時間が取れないか検討してみてください。

 

親族に相応しい格好をしよう

社殿に入っていく黒留袖姿の二人の後ろ姿の写真

結婚式で親族がするべき服装について紹介しました。基本は招待ゲストよりかしこまった装いで、おもてなしをします。フォーマルめに装うことを意識して、新郎新婦様と一緒に結婚式を盛り上げましょう。

親族だからこそ招待される少人数婚や海外挙式では、それぞれで気を付けたいポイントがあるので本記事が参考になれば幸いです。お二人のために結婚式をお祝いするんだという意気込みがあれば乗り越えられます。

本記事を参考に相応しい格好で出席してくださいね。両家の益々の繁栄への第一歩である結婚式が良き日になることを祈っています。







この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


結婚式場の選び方 - プレ花嫁準備サイト

  • facebook
  • x