ご祝儀袋の中袋はボールペンでもいい? 毛筆以外の筆記用具 | 結婚式場の選び方 | プレ花嫁準備サイト

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

ご祝儀袋を用意する時、筆記用具に何を使ったらいいか迷う方は少なくありません。

表書きは毛筆や筆ペンでも、中袋なら使い慣れたボールペンでいいのではと、考えている方もいらっしゃるでしょう。

基本的には、表書きも中袋も毛筆を使うのがマナーですが、中袋裏面に限ってはボールペンを使ってもだめではありません。

しかし、ボールペンを使う場合も、色や種類など気を付けるべきことがあります。

そこで今回は、ご祝儀袋に書く時のマナーや、使ってもいい筆記用具の種類についてまとめました。

中袋の書き方についても解説しているので、これからご祝儀袋を用意するという方は、ぜひ参考にしてください。

ご祝儀袋に書くときのマナー

ご祝儀袋と筆ペンの写真

まずは、ご祝儀袋を書く時の基本のマナーを紹介します。

毛筆を使って正しく書くことを前提に、失礼のない書き方を理解しておきましょう。

濃く太くが基本

結婚式のご祝儀袋には、筆記用具の中でも格式の高い毛筆を使うのがマナーで、「濃く」「太く」書くことが基本です。

細字のボールペンや万年筆は、格式が低く事務的になることから、マナーを大切にする場ではあまり使いません。

ちなみに、お悔やみの時は、毛筆で「薄く」「細く」がマナーです。突然の訃報に涙で墨が薄まり、慌てて書いたためしっかり書けないという意味になります。

ご祝儀袋には濃い墨を用意し、薄墨を使わないよう注意しましょう。

 

修正しない

書き間違えたり墨がにじんだりなど、書き損じた場合は新しいご祝儀袋を用意します。修正液や修正テープを使ったり、二重線で消したりなどの修正は、渡す相手に失礼だからです。

特に、毛筆や筆ペンなど、使い慣れていない筆記用具を使う時は書き損じやすいため、何度か練習してから書き始めましょう。

お祝いの名目や名前を書く短冊が何枚か入っているご祝儀袋は、書き損じても差し替えができるので、書き間違えが心配な方におすすめです。

 

読みやすいことが大前提

毛筆というと、達筆な字で書かなければと思う方もいるかもしれませんが、渡した相手が読みやすいことが大前提です。

ご祝儀袋にお祝いの名目や名前を書くのは、誰から何の目的で贈られたかを相手に伝える意味もあります。

毛筆で書く時も楷書で丁寧に、誰が見ても読めるように書きましょう。

 

毛筆以外に使っていい筆記用具とは

格式の高い毛筆を使うのが基本と述べましたが、ご祝儀袋に書く時のマナーを守っていれば、ほかの筆記用具を使うことも可能です。

ここでは、毛筆以外の筆記用具について、種類ごとに解説していきます。

毛筆に近いもの

黒い背景にご祝儀袋と筆ペンの写真

毛筆に最も近い筆記用具の筆ペンは、毛筆と書き心地があまり変わらないため、ご祝儀袋の表書きにも使用できます。

筆に慣れていないと扱いづらいかもしれませんが、サインペンと同じような感覚で使えるので、表書きには筆ペンを使う方が多いです。

筆ペンは、太字、中字、細字といったように太さごとの種類があり、あまり太いものだと住所や名前を書く時に字が潰れてしまいます。

1本選ぶのであれば、中字が使いやすいでしょう。

ご祝儀袋の種類によっては、寿などのお祝いの名目が、短冊にすでに印字されたものもあります。住所や名前を書くだけなら、細字タイプを選ぶのもおすすめです。

 

濃く太く書けるもの

サインペンの写真

毛筆や筆ペンと比べると格は下がりますが、筆ペン風サインペンや普通のサインペンも、文字を濃く太く書くことができます。

毛筆や筆ペンが苦手という方は、中袋の住所と氏名の記入であれば、筆ペン風サインペンや普通のサインペンでも差し支えありません。

短冊にお祝いの名目が印字されたご祝儀袋を使うなら、筆ペン風サインペンを用意しておけば大丈夫です。

筆ペン風サインペンには、硬筆タイプと軟筆タイプがあります。硬筆タイプの方がサインペンと書き味が近いため、毛筆や筆ペンが苦手でもそれらしく書きたいという方には、硬筆タイプがおすすめです。

 

ボールペンは?

ボールペンのペン先の写真

ボールペンは、書き味が軽く事務的に見えてしまうため、ご祝儀袋に使うのはよくないとされています。

ただし、中袋の裏面に書く住所と氏名のみであれば、ボールペンを使っても差し支えありません。

最近では、住所と氏名を書く枠があらかじめ印字されている中袋もあり、毛筆や筆ペンでは枠内に書けないケースも多いです。

文字が潰れてしまうと分かりづらくなるので、細字の筆記用具で見やすく書く方がいいということでしょう。

濃く太くのマナーから外れないようにするには、濃い黒色で太めのボールペンを選ぶのがおすすめです。

インクは、水性インクを選びましょう。油性インクは粘りがあり、かすれることがあるため、文字が途切れて書き損じやすいからです。







連名の時の中袋の書き方

ご祝儀袋と中袋と筆ペンが並んでいる写真

ご祝儀袋の中袋裏面には、送り主の住所と氏名を記入しますが、複数人で贈る場合にどう書くのが正解か迷いますよね。

連名の時も、書く順番や、人数が多い場合の書き方に決まりがあります。

名前の順番

中袋裏面に名前を書く時の位置は、封筒の合わせ目より左のスペースです。

連名で書く時は、右から左にかけて順に書くのがマナーで、家族の場合は右に夫の名字と名前、左に妻の名前、その左に子どもの名前となります。

職場やグループの連名は、右から順に地位や年齢の高い方から書きますが、地位や年齢が同じ場合は、特に決まりはありません。

友人同士や同僚で差がなければ、五十音順が順番を決めやすいでしょう。

 

人数が多い時は別紙に書く

中袋裏面に連名で書く場合は3人までとし、人数が多い時は別紙に記入したものを、紙幣と一緒に中袋の中に入れます。

別紙は、正式には毛筆で和紙(半紙や奉書紙)に書きますが、便箋にサインペンを用いた略式でも差し支えありません。

用紙の中央上部に「寿」や旧字の「壽」を書き、地位や年齢の高い方から、右から順に住所と名前を記入します。

別紙を用いる時の表書きと中袋には、代表者の名前を書き、その左側に「他一同」などと記入しましょう。もしくは、会社名に○○部一同という書き方でも構いません。

 

住所の書き方

ご祝儀袋と記入欄が印刷された中袋の写真

中袋には、名前だけでなく住所も書きます。

相手がお礼状を書く時に、わざわざ調べなくてもいいよう配慮するためですが、縦書きで数字やアルファベットをどう描くか、迷う方は多いでしょう。

漢数字を使う

縦書きの場合、数字は漢数字を使うのが基本です。

縦書きの漢数字のルールとして、2桁以上の場合は「十」や「百」を省略します。

(例)24の場合
二十四ではなく二四
(例)245の場合
二百四十五ではなく二四五

 

123(一二三)のように縦で並ぶと分かりにくい場合は、省略せずに書く方が見やすいです。

(例)21の場合
二一ではなく二十一

基本は漢数字ですが、相手が見やすく書くことも大切なので、アラビア数字や隙間も上手く使うといいでしょう。

 

アルファベットも縦に

マンション名などがアルファベットのケースもありますが、縦書きの場合はアルファベットも縦に書くのが基本です。

もし、カタカナで書いても問題なければ、読みやすいカタカナに変換して書きましょう。

アルファベットで書く時も、一文字一文字を見やすく書くことを心掛けてください。

 

番地を省略しない

日常で住所を書く時に、番地を「1-1-1」のように省略して書く方が多いですが、ご祝儀袋には正式な住所を書くのがマナーです。

「一丁目一番地一号」のように、省略せずに書きましょう。

 

濃く太く正しくご祝儀袋へ書こう

和室でご祝儀袋を持ち微笑む女性の写真

ご祝儀袋には、格式の高い毛筆で濃く太く書くのがマナーです。

他にも、筆文字を書ける筆ペンの使用や、表書きの名前には筆ペン風サインペンを使うこともあります。

しかし、ボールペンは細字で軽く見られるため、ご祝儀袋の表書きには使えません。

中袋の裏面に限り、文字数が多くて書ききれなかったり、印字の枠をはみ出してしまったりする時には、ボールペンを使うのもありです。

その場合も、濃い黒のインクで太く書けるボールペンを選び、略式ではない正式な住所と名前を書くようにしましょう。

慣れない筆記用具は使いづらいかもしれませんが、マナーを守って書くことで、お祝いの気持ちがしっかり伝わりますよ。







この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


結婚式場の選び方 - プレ花嫁準備サイト

  • facebook
  • x